工業地帯に新たなビオトープ誕生!

大同特殊鋼 知多工場ビオトープ
2017.1/30更新

2016年 大同特殊鋼 知多工場 日本最大級の特殊鋼工場に哺乳類の水飲み場、現る。

特殊鋼業界のリーディングカンパニーとして、世界にその名をはせる大同特殊鋼。 最大規模を誇る生産工場が、知多工場だ。 そんな知多工場では、社員が手作りしたビオトープや、希少な野鳥「コアジサシ」のための営巣地など、社員独自で実施してきた取り組みが数多い。
今回は、2016年、お隣である新日鐵住金 名古屋製鐵所との敷地境界に誕生したビオトープについてレポートしたい。

新しいビオトープはここ!

ビオトープができたのは、上の写真の赤い丸印で記したポイント>
ここはかつて命PJ学生らとともに整備したアニマルパスウェイと、動物の巣穴がある。

敷地境界に穴をあけた動物だけの通り道「アニマルパスウェイ」
新日鐵住金側の土地には動物の巣穴を掘らせていただいた

なぜ今回ビオトープをつくったのか?

実は、アニマルパスウェイ付近に設置した自動カメラに、タヌキの姿が何度も写されていたのだ、
最初は1匹、次はつがいで、。
そしてとうとうアニマルパスウェイを通行する決定的写真も!

このタヌキたちにとって、もっとも心地よい緑地にしていこう!
そしていつか、キツネやノウサギが棲めるような素晴らしい環境にしていこう!
そんな思いから、動物たちの生息に欠かせない「水場」の創出をこのアニマルパスウェイ付近に企画したのだった…

工事の様子を特別公開!

専門家の方とともに現地確認。
施工地が決定!ロープで形を確認します。
掘削は専門業者に依頼しています。
穴に防水シートを敷き、その上に土をかぶせます。
完成したビオトープへの入水式。職員の方も参加してくださいました。
ひとまず完成。これから学生が植物を植えます。
JXエネルギーさんのビオトープからメダカをいただき…
大同のビオトープに放流します!
2016年8月19日 大同のビオトープにメダカ放流! 企業の枠を超えた生命の交流だね♪

こうして完成した大同特殊鋼のビオトープ。
自動カメラを設置し、様子を観察していると、早くも生き物たちの楽園になっていることが判明した。
なんと、知多半島から姿を消したと言われていアノ動物まで…!詳しくは、こちらの記事をチェック!

自動カメラが激写! あの動物が工業地帯に? さらに今年度(2016年度)は、愛知製鋼さんんでビオトープ計画が進行中!続報にご期待ください。

連携
サポート
管掌
関連サイトマップ
Copyright©NPO Japan Ecologist Support Assosiation ALL rights reserved.