バス釣りブーム終焉に見える残された負の遺産

こんにちは、T28です。ペンネームを勝手に作ってみました!

名の「てつや」を文字ってT28にしました、単純です、はい笑

 

今回はカチカチのタイトルですが何が負の遺産なのかわかりますか?

ブラックバス、そうブラックバスです、つまり、外来種の繁殖なんです。

 

ad9ddc50a467ebd3cabecf264136db15_s

 

今でこそブラックバス釣りと聞いても「へ〜」くらいにしか思わないと思いますが

僕が10代の頃(ちょうど2000年代前半)は爆発的なブラックバスブームが到来していました。

何故そんなに釣り師たちはブラックバスに夢中になっていたのでしょうか、、、

 

・引きが凄い良くグイグイグイグイ竿にかかるテンションはとても面白い

・繁殖理力が凄く全然いない場所に少し放流するだけであっという間に釣り環境に変わってしまう

・バス釣りは基本ルアーとワームという疑似餌を使うのですが、種類が豊富でコレクター気質の人にはすぐハマってしまう

・バスを釣るという事がメインなのでサイズを競いやすく、40cm以上はランカーと呼ばれある種、勲章みたいな感じなのです、大物狙いたくなります

 

これらが主な理由でしょうか、正直凄い面白いんですよね。アメリカではゲームフィッシングとして超人気のゲームです。

僕も10代で何もしらず、ただただ釣りに夢中になっていました、毎日の様に自転車に乗って釣りに出かけていたのが懐かしいです。

それが、ただただ楽しい遊びだったら良かったのですが。。。。

 

 

terauchi16

 

じゃあ、なぜ外来種を釣る遊びが爆発的に流行ったのでしょう、いるはずのない魚が日本中に存在しています。

それはこぞって悪い大人達が所構わずブラックバスの稚魚を放流し、バスだけじゃ足りないとより悪いブルーギルまで放流してるんです。

これによって様々な事が起こりました、従来日本の河川で平和に暮らしていた生態系のバランスが一気に崩れ、在来種の魚達は獰猛なブラックバスとブルーギルに食い散らかされ住処をどんどん奪われていきました。

異常繁殖の所為で水抜きをせざる負えなくなったダムや野池、商業用の個人の家なども多く見てきましたが、水抜きをしたらOKという事ではなく同時に在来種も全て絶命しますよね、これは費用もかかる上に生態系にも良くない事です。

大阪府の狭山池では、ブラックバスが異常繁殖し、池に放流されていたワカサギ数千万尾が全滅したという記録もあります。

 

そしてブームのピークを経て、2005年6月より施行された外来生物法により、オオクチバスおよびコクチバスの輸入、飼養、運搬、移殖を、原則として禁止されました。

国が認める害魚となった訳です。

 

命を繋ぐプロジェクトでは在来種を守る活動もしているので外来種から在来種を守る方法を紹介します。

今回に関してはバス、ブルーギルから守る方法ですね。個人で出来る方法を書きます。

 

・バス釣りの代名詞でもあるキャッチ&リリースのリリースを止める。捨てる場所はきちんとしましょう。

琵琶湖などのバス釣りの名所では“おさかなポスト”と呼ばれるBOXもあるみたいなので事前に調べておきましょう。

・キャッチ&イートに切り替える。昔はバスなんて臭くて食えないと良く言われていましたが、

インターネットの発達によって情報交換がしやすくなった所為かネット状にもバス料理なんてのがたくさん上がっています。

塩焼きに天ぷら、唐揚げに煮付け、まぁ白身魚なのでなんでもいけるって事ですね笑

おそらくしっかり泥抜きないとですが是非トライしてみてください。ネット上に多く調理の仕方は紹介されています。

・そして密放流を止める、止める。そもそも繁殖力が非常に強いのでこれ以上増やさないでください。

そんな事しなくても増えるし絶滅なんてしないので。。。

 

 

1137684359-fisherman-797982-25P-1280x853-MM-100

 

と、ブームから10年経ち釣り人が減っているのにこんな記事を書いてみました。

でも本当は釣りの時のアドバイスという事じゃなく、10年前の釣りブームがあった事で

日本全国の河川や池、湖で大昔からあった日本特有の生態系が壊されたという事です。

釣り人のエゴでいない所に無理やり繁殖させ、被害を被った人がたくさんいたりして、あまりいい事ではないですよね。

そして、何十年経ってもそれが残り続けるという事です。結局外来種が根付いてしまうと完全に排除する事は不可能なんです。

そういう事はすぐに忘れ去られますが、たまに思い出して自然を大事にして欲しいものです。

人は自然を支配しようとしてますが、元々は自然に生かされ共存してきました、それを後世に残しましょう。

 

補足:ブラックバス問題に関しては全面から反対の声を上げ、真っ向勝負している方々が多くいます。

そちらの意見を全否定するつもりはありませんが政府が指定した様に外来生物法にてブラックバスは害魚と認められているので、個人的な立場からの意見を記しました。

9月15日(土)に環境デーなごや2018に参加しました。   環境デーは、名古屋市の栄で行われる環境について考えてもらうためのイベントです。 学生団体や企業さんなど、様々な方がブースを出展しています。 また、環 […]

続きを見る

皆さん、こんにちは(*’ω’*) 私たちは8月22日(日)に開催された“サマーフェスタ元浜”というとても楽しいイベントに参加させていただきました!   当日は班ごとに分かれて、様々な経験をさせていただきました。 […]

続きを見る

時間が過ぎるのはあっという間で、もう3日目です…!   起床してから各々片付けをし、お世話になった宮島キャンプ場から、岐阜県中津川市の観光地「馬籠」に向かって出発! 快晴の中、途中道の駅で購入した朝ごはんを食べ […]

続きを見る

楽しい合宿も2日目に突入! 1日目で夜更かしした影響でまだ寝足りませんでしたが、朝ごはんを求めてダイニングに行くと…、 なんとB先輩が自前の道具を使って温かいお茶を沸かしていました笑:( ;´꒳`;): そんなお茶を頂い […]

続きを見る

皆さんおはようございます!こんにちは!こんばんは!(^^♪ 記録的な暑さだった今年の夏も落ち着いて、ようやく秋の涼しさが頭を出してきましたね〜! 皆さんは良い夏の思い出はできましたか?(’∽’) 私たちは8月19日〜21 […]

続きを見る

ごきげんよう!諸君!私は川のことなら何でも知ってる川野博士じゃ!かわじいとよんでくれ! え?なんで今日は忍者の格好をしているかって?それはこれから話す生き物について関係しているのじゃ。みんな、どの生き物か予想するのじゃ! […]

続きを見る

こんにちは!今回は皆さんの身近に生息しているシジミチョウについて紹介したいと思います! シジミチョウとは小型のチョウで、翅(ハネ)がシジミ貝の形に類似していることが名前の由来です。実は世界にチョウは1万7千種類以上いると […]

続きを見る

みなさん、こんにちは! 最近は毎日暑くて、ただ生きるのも大変ですよね。私も寒かった冬のときには「早く夏が来てほしい~」とぼやいていましたが、いざ夏が訪れると今度は「早く冬になってほしい~」と毎日思ってしまいます笑 水分と […]

続きを見る

皆さん、こんにちはー!今回は鳥の仲間のケリを紹介しようと思います。 ところで皆さんはケリがどのような鳥か知っていますか?「どんな鳥なんだろー?」「どこにいるだろー?」いろいろな疑問思うかもしれません。そこで今回はケリを紹 […]

続きを見る

コオロギについて みなさんこんにちは!命Pのたてちゃんです! きょうは秋の合唱団といえばやっぱりこいつ! 「コオロギ」について紹介していきたいと思います! コオロギはバッタ目 コオロギ科の昆虫です 色は黒っぽい茶色でテカ […]

続きを見る

ごきげんよう、諸君!私は川のことなら何でも知ってる川野博士じゃ。みんなからは、かわじいとよばれているんじゃぞ。これから川の生き物についてたくさん教えていくからよろしくたのむぞ~ さて、かわじいの川の生き物講座第一回目は、 […]

続きを見る

皆さんはカラスと聞いてどんなイメージを持ちますか? 頭を使って木の実を食べる賢いやつ、ゴミをあさっちゃう悪いやつ、人によってバラバラだとは思いますが、日常生活の中でよく見るカラスには2種類いるのは知っていますか? 都市部 […]

続きを見る