夏祭りのお手伝い!~サマーフェスタ元浜~

皆さん、こんにちは(*’ω’*)

私たちは8月22日(日)に開催された“サマーフェスタ元浜”というとても楽しいイベントに参加させていただきました!

 

当日は班ごとに分かれて、様々な経験をさせていただきました。私たち命をつなぐプロジェクトもブースを出展したんですよ!今年は、お子様を対象に竹を使ったフォトフレームを作ってもらいました。私たち学生はそのお手伝いをさせていただきました。ちなみに私も一緒に活動しました!それぞれ個性のある作品を作りあげてくださって、今時の小さい子はセンスがあるなー。なんて(。-∀-)

 

一生懸命に作ったフォトフレーム“ありがとう”と書いて、「お母さんにあげるの!!」と言っていたすっごく優しい女の子にも出会って、つい癒されちゃいました(*‘∀‘)

←こんな感じのフォトフレームです!

 

ブースのほかのお仕事としては、事務局さんのお手伝いとしてホタテを焼いたり、モニタリングなどでお世話になっている大同特殊鋼さんのお手伝いとして金魚すくいの補助したり、みたらし団子を焼いたり、輪ゴム鉄砲など木を用いたおもちゃ作りのお手伝いなどもしました!

 

次は、各担当者にバトンタッチ!(=’∀‛)人(‛∀‛=)

それぞれの感想を聞いてみましょう!

 

(/・ω・)/:僕はホタテのお手伝いをしてきました!一言で言うと備長炭の熱半端ない!暑すぎました( ;∀;) 暑すぎて無心になってひたすらホタテを焼いてました。僕は3年間ホタテブースのお手伝いをしていますが、この夏が一番暑かったです(さすが平成最後の夏!笑)ここまで感想が「暑かった」しかありませんが、素敵な人との出会いもあったんですよ!ホタテを持ってきてくださった北海道の人と仲良くなれました!(/ω\)

 

( *´艸`):私は金魚すくいのお手伝いをさせていただきました!個人的に印象的なお客さんを紹介します!すくった金魚をナマズの餌にするために家族全員で奮闘して10匹も持って帰った方々もいました。他にも、養生テープをつかった魔法のぽい(テッテレー)を使って奮闘しても、金魚をすくえなかった小学生がいてついほっこりしちゃいました!

 

( `―´)ノ:僕はみたらしのブースをお手伝いしてきました!ブースは焼き機の周りだったのでとてもあつかったです(*_*)。団子に均等に焼き目をつけるために団子を回転させるのが結構難しかったです…

 

(‘ω’)ノ:私はおもちゃ作りの補助をしてきました!!木でできたおもちゃのキットを使用してメモスタンドと輪ゴム鉄砲をつくってもらいました!トンカチを使うなど親子で協力する場を設けることができたことが嬉しかったです。貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!!

 

みなさん、ありがとうございました!どの担当の人たちもお客さんとのかかわりの中で得たものが多かったみたいですね。これは余談ですが、ホタテは一日で1,000個売り上げたらしいですよ!ホタテブースの方々ホントにお疲れ様でした!!

 

最後になりましたが、大同特殊鋼さん、運営の方々、事務局さん、そして来場してくださったお客様本当にありがとうございました。

最後まで、ご高覧ありがとうございました。もし、この記事を読んで興味をもってくださった方は来年も参加する予定ですので是非、足をお運びください!フィナーレには花火もやるので、夏の思い出作りにはもってこいのお祭りですよ!

 

人間環境大学 1年 久留宮 小春

夏の活動報告~合宿1日目~

皆さんおはようございます!こんにちは!こんばんは!(^^♪

記録的な暑さだった今年の夏も落ち着いて、ようやく秋の涼しさが頭を出してきましたね〜!

皆さんは良い夏の思い出はできましたか?(’∽’)

私たちは8月19日〜21日に岐阜県へサークル合宿に行ってきました!

なので今回は私たちの夏の思い出を記事にして皆さんに少しだけお届けしたいと思います!\\\٩( ‘ω’ )و///

1日目!
集合時間は9時前でしたが、みんな元気に出発!\\\٩( ‘ω’ )و///
バスに揺られ2時間程…
最初の目的地、郡上の食品サンプル作りを体験出来るお店に到着しました!

レトロな街工場を思わせる体験スペースで、とてもあたたかい気持ちになりました〜(´ー`)

私たちが体験したのは、天ぷらの食品サンプルとレタスの食品サンプルそれそれひとつずつ!

初めての体験でしたが、スタッフの方々が優しく教えてくださったおかげで皆上手に作っていました\\\٩( ‘ω’ )و///

この体験スペースの隣には様々な食品サンプルが飾られていたり、売られていたりするスペースもあり大はしゃぎ 笑

サンプル体験のお店をあとにしてバスに乗りこみすぐ辿り着いたのは、郡上八幡!!

郡上藩の城下町として古くから栄えていた飛騨の観光地です( ‘ω’ 三 ‘ω’ )

そこでそれぞれ自由散策!

沢山の城が立ち並んでおり、昭和の雰囲気が今なお漂っており歩いてるだけでもとても楽しかったです(’∽’)

郡上散策を終え、バスに乗りこみいよいよ三日間お世話になるキャンプ場へ出発!

お借りしたコテージは吹き抜けがある木造建築で、想像よりもとてもきれいでびっくり( ‘ω’ 三 ‘ω’ )

この日の夜ご飯は合宿班のメンバーを中心に、みんなで準備をしてBBQをしました!

肉の量がとても多く自分はすぐにお腹いっぱいになりましたが、バーベキューコンロで焼く肉はとても美味しかったです。

バーベキューが終わりみんなで談笑しているとK先輩が「天の川が見えるよ〜」と言ったのでみんなで見に言ったところそこには満天の星空が広がっていました。写真だと写りが悪くお見せすることはできませんが、流れ星や天の川がとても綺麗に見えました。(*´꒳`*)
中津川は世界で2番目に暗い街だそうです!
合宿1日目で人生に一度か二度あるか無いかのとても貴重な体験ができたなと思いました。

 

大同大学2年 近藤弘基

名古屋女子大学1年 川手 青海

familiar life~その12 もみの木~

みなさん、こんにちは!

最近は毎日暑くて、ただ生きるのも大変ですよね。私も寒かった冬のときには「早く夏が来てほしい~」とぼやいていましたが、いざ夏が訪れると今度は「早く冬になってほしい~」と毎日思ってしまいます笑

水分と食事と睡眠をしっかり摂って、体調をくずさないように気を付けましょうね~!

 

さて、今回は待ち遠しい冬にある 一大イベント、

そう、クリスマス!!!

の、クリスマスツリーに使われている「もみの木」について少しご紹介したいと思います!

クリスマスのきらきらな雰囲気が漂う街の中でも、大きなクリスマスツリーはひと際存在感がありますよね。なんともみの木は樹高が大きいものだと40mに達するものもあるようです!

そんなもみの木ですが、なぜクリスマスツリーに使われているか知っていますか?

クリスマスはイエスキリストの生誕を祝う、キリスト教を中心とした人々のお祭りです。そのキリスト教の宗教的に重要な意味を与える『アダムとイヴ』は皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

そのアダムとイヴに登場する禁断の果実をつける「知恵の木」をイメージして、クリスマスにはツリーが飾られるようになったそうです。

しかし、禁断の果実をつけるりんごの木はクリスマスの時期になると、葉が全部枯れ落ちてしまうため、寒い冬でも青々とした葉を付けている、もみの木が代わりにツリーになったというわけです。(もみの木が選ばれた理由は諸説ありますが、長くなるので気になる方は自分で調べてみてください笑)

 

そして、クリスマスツリーの飾りつけによく使われる球状の飾りは、禁断の果実、つまりりんごをかたどっているそうです。よくある飾りつけにもちゃんと意味が込められているんですね~!

そんなもみの木にも花言葉は、「高尚」「昇進」というどこまでも大きく育つもみの木様子にぴったりなものや、「時間」「永遠」という

寒い冬でも青々とした葉をつけるもみの木の様子がよくイメージできる花言葉があるそうです。全部納得できるものばかりで、どれもとてもロマンティックですよね。

クリスマスの夜にクリスマスツリーの前でプロポーズなんて、ベタで少し恥ずかしいなんて思っていましたが、

こうしてもみの木の花言葉を踏まえてみると、少し挑戦したくなっちゃいますね笑

 

なんていう妄想は置いておいて、少し長くなってしまいましたが、もみの木についてみなさんも少し詳しく知ることができましたか?

それならとてもうれしいです。

 

待ち遠しい冬がやってきて、大きなツリーを見上げながら家族やお友達、もしかしたら恋人なんかに、少し自慢げにもみの木についてお話ししてみてはいかがでしょうか?

 

名古屋女子大学 1年 川手 青海

familiar life~その11 コオロギ~

コオロギについて

みなさんこんにちは!命Pのたてちゃんです!
きょうは秋の合唱団といえばやっぱりこいつ!

「コオロギ」について紹介していきたいと思います!

コオロギはバッタ目 コオロギ科の昆虫です
色は黒っぽい茶色でテカテカしているので、見た目ゴ○ブリの仲間と思われがちですが、体の形からわかるように、バッタの仲間なんです
(コオロギはゴ○ブリと違って厚く四角いイメージで、おしりから二本のしっぽが生えているのもポイント!)
なので、ゴ〇ブリみたいだからと嫌いにならないでくださいね!
次にコオロギの音を出すしくみを紹介します

童謡「虫の声」でも有名なコオロギですが、どうやって鳴いているんでしょう??
よく見るとコオロギが鳴いているとき、ハネがぶるぶる振動しています。それは、右と左のハネをすり合わせることで音を出しているんです!(口で鳴いているんじゃないんです)
コオロギのハネはザラザラ(脈)しています。そのザラザラを振動が通って、音を大きく出せるのです!さらに、右と左のハネはそれぞれザラザラ具合が違い、より音を出しやすくした工夫も持っているんです。

コオロギは鳴くことでメスにアピールをしています。(こんな大きな音が出せるんだよ! かっこいいでしょ?)コオロギの種類によって鳴き声が違い、同じ種類のメスに仲間がここにいるよと教えるためなんです。(「虫の声」での「キリキリキリキリ」はカマドコオロギだという説があります)

このように、ハネは主に鳴くために使うのであって、空を飛ぶためについているわけではないんです。なので、そのぶんはねて移動するため、後ろ足は太く長く筋肉ムキムキになっています。

コオロギは最初に言ったように、秋の虫!という印象がありますが、実は夏の初めから見ることができるんです!
ぜひ、近くの原っぱや落ち葉の下など探して、鳴き声を聞いたり、観察してみてください。新たな発見があるかもしれません!注意!!コオロギの足には小さなトゲがあるので気をつけてくださいね

 

名城大学2年 立石涼帆

familiar life~番外編 春の自然に出かけよう!~

みなさん、最近少しずつ気温も上がり寒い冬に比べ外出しやすい春の季節がやってきました!!

春になると、みなさんの中には自然あふれる森や山でハイキングやピクニックをしに出かけようと思っている人がいるかもしれません。

 

…でも、気温が上がって森や山に出てくるのは人間だけではありません!

春の森や山ではリスやカエル、ヘビなどのような生き物が冬眠から目を覚まします!

さらに、クマのような大型の生き物も…。

日本ではクマによる人身被害が毎年起きています!

クマの太い腕と鋭い爪で攻撃されたら人間は一溜りもありません!!

このような話を聞くとみなさんの中には「クマは凶暴だ!」とか「クマは人間を襲って食べてしまう!」と思う人がいるかもしれません…。

 

しかし、クマは果実や草などの植物を好んで食べる雑食性の生き物なので、人間をあまり食べ物として見ていません!

クマが人間を襲うのは自分の身を守るためだと考えられています!!また、近年では森や山に食べ物のゴミを捨てていく人がいるため、ゴミの味を覚えて人間の持つ食べ物を目当てに襲うケースもあります…。

 

食べ物に限らずゴミを捨てると、このようなことが起こったり、自然の生き物がプラスチックや金属などの食べられない物を誤飲してしまったりします!

 

森や山は必ずしも安全な場所ではないということを頭の片隅に置いてください!

また、森や山には多くの生き物がくらしているのでマナーを守って楽しく春の自然を楽しんでください!!

 

人間環境大学2年 里中 正直

familiar life~その7 カタツムリ~

皆さん、お久しぶりです!

(*’▽’)「たてちゃんです!」

(@^^)「かけちゃんです!」

そして、今回は新メンバーのなりちゃんも一緒です♪

(*^-^*)「なりちゃんです、よろしくお願いします!」

前回は環境デーについてご紹介しました、読んでいただけたでしょうか…?

今回は…でーんでーん、むーしむーし『カタツムリ』について紹介します!!

(*’▽’)「雨の季節にきっと誰もが一度は会ったことがある、カタツムリくん。

でもカタツムリくんについてどのくらい知ってる?」

(@^^)ノ「渦巻の殻を持っているナメクジみたいな子でしょー。」

(*^-^;)「いやいや、もっとなんかあるでしょ!・・・。カタツムリに失礼だよ^^;」

(*’▽’)「次の梅雨が来るまでにカタツムリについて知っちゃおう!」

 

(*’▽’)「まず、かけちゃんがさっき言ってたカタツムリくんの殻は、生まれつきあるもので体の成長とともに大きくなるんだよ。」

(*^-^*)「ヤドカリはお引越しするのに比べてカタツムリはお家とともに生きていくんだね!しかも成長とともに殻も大きくなっていくんだ!」

(@^^)「へ~。」「私たちの爪みたいな状態かな。」

(*’▽’)「殻の中はカタツムリくんの大切な心臓などの組織が詰まっているから、殻無しだと生きていけないんだよ。」

(@^^)「なるほど、そんなに大事なものだったんだ」

(*^-^*)「梅雨が終わるとあまり動いてるところを見ないのは、カタツムリは乾燥や高温に弱くて、殻に閉じこもって寝てるかららしいよ。」

(@^^)「夏に寝るの?冬眠じゃなくて?」

(*’▽’)「そう、夏眠って言うんだ!」

(@^^)「ほとんど寝てるんだ、なんか親近感♪」

 

(@^^)「カタツムリくんについてもう少し知りたいよ!」

(*’▽’)「いいよ!カタツムリくんは綺麗好きで、殻は汚れがたまりにくいヒミツがあるんだ!わかるかな?」

(*^-^?)「掃除…するとか?」

(@^^?)「殻の、外側の表面の構造に何かあるのかな?」

(*’▽’)「そう!殻の表面にはでこぼこがあってよごれが落ちやすいんだよ♪

殻のヒミツについてもう一つ!」

「実は、殻のうずまきは右巻き、左巻きがあるけど、これは遺伝で決まってるんだよ!」

(*^-^*)「そして、ほとんどは右巻きだから、左巻きを見つけられたら、ラッキー️だね!」


(*’▽’)「左巻きのほうが天敵の蛇に食べられにくいんだよ」

(@^^)「すごいね!ほかにもカタツムリについての情報ある?」

(*^-^*)「じゃあそっくりさんのナメクジとの違いについて紹介しよう!」

(*’▽’)「あ、ちょうどナメクジとカタツムリがいるよ!話を聞いてみよう」

(@^^;)(*^-^;)「「世界観がわからないぞw。」」

  

(-₃-)『やぁ、ナメクジだよ!僕はカタツムリさんと似てるって言われるけど、違いを知ってほしいんだ!』

(‣₀‣)『やっほ!僕はカタツムリ。違うところといえば、キミには殻がないね。生まれた時から殻はないんだよね?」

(-₃-)『うん、僕たちは体を軽くしたり、狭いところにも入るために、殻を退化させたんだ。』

 

(@^^)「あれ、じゃあ、カタツムリが「殻を失う」という進化をして、ナメクジが生まれたってこと?」

(*’▽’)「そうなんだよ!ナメクジが殻を持つことでカタツムリに進化したのかと思いがちだよね!」

(*^-^*)「意外だ!逆だったんだね~」

 

(-₃-#)『そうだ、私の体は90%が水分でよく塩をかけられてイタズラされるの。あれ、恐怖でしかない。』

(‣₀‣;)『それ、わかる。ナメクジさんは塩をかけられるとどーなるの?』

(>₃<)『浸透圧の関係で体の水がなくなって‥‥』

(‣₀‣;)『あ、シントウアツ…難しい話だね。僕も塩には弱くて縮んじゃうけど、だいたいは殻に逃げ込むかな。種類によっては海水に強い子たちもいるんだよ!』

(-₃-)『やっぱり、自分の殻っていいな。手放すんじゃなかった!』

(‣₀‣;)『あー…、ナメクジさんは進化系なんだから、自信もっていいよ!』

 

(@^^)「こんな話が繰り広げられているとは…」

(*’▽’)「うん、でももう好奇心で塩かけたりは出来ないね。」

(*^-^*)「カタツムリについて色々学べたけど、結局大事なのは、」

(@^^) (*’▽’) (*^-^*)「生き物の命を大切にしよう。」

(*^-^*)「だね!!」

(@^^) (*’▽’) (*^-^*)「以上カタツムリについてでした!
<(*’▽’)人(@^^)人(*^-^*)ノ最後まで読んでくださりありがとうございました。」

 

名城大学2年 立石涼帆、中部大学2年 筧紗南・成田七奈美

送別会!

2月17日にお世話になった先輩方のために送別会を行いました。

今年送る先輩たちもユニーク&優しい人たちが多かったです(´;ω;`)ウゥゥ

5年間も命Pのために頑張ってくださった野上さん!笑

誰にでも優しく接してくれた先輩でした!

自分の中では一番接しやすく、みんなからいじられながらも、笑ってくれる(苦笑いともいうw)お兄さん的存在でした。恋愛相談とかしてもらい、ありがとうございました笑

料理上手でイケメンな加藤さん!

なんでそんなにイケメンなんですか?自分にも分けてほしかったです笑

合宿の時、自分と野上さんと加藤さんで外を徘徊しながらそれぞれの恋愛話で盛り上がりましたね笑

日本酒大好きな鈴木さん!

最初は怖いというイメージしかなかったです笑

絡まれたくないなぁって思ってました。すみません笑

ですが、会議では的確な意見や考えてもいなかった意見などを言っている姿を見て、真面目なんだなと思ったのが印象的でした。

レアキャラだった渡辺さん!

最初は鈴木さん同様、怖いというイメージしかなかったです笑

なかなか会議に出てこられず、新入生の名前をなかなか覚えれませんでしたね笑

久しぶりに来た時も、

「あの子誰?」

「〇〇君ですよ!前も教えたじゃないですか!?」

そんな会話もありました笑

面白いを具現化したような宮崎さん!

宮崎さんには、サークル、大学ともにお世話になりました!

サークルでは場を盛り上げるムードメーカー的存在でした!2017年の新入生緑地見学会での無茶ぶりでも、面白く拾ってくれましたね。

「ね~ねちゃ~~~ん!!!」

↑これツボりました笑

 

こちらの5人が今年から社会人の仲間入りを果たし、命Pを去ってしまいます。すごく寂しくなりますが、先輩方が作り上げてきた命をつなぐPROJECTをさらに大きくできるように努めていきたいと思います!

4年間お疲れ様でした!(1名5年間w)←最後までいじってくスタイル

社会人になっても頑張ってください!応援しています!!!(*^▽^*)

大同大学2年 西尾 泰彦

にじゅうまるCOP3に参加してきました!

今回のWEB記事は、2月18日に東京で行われた「にじゅうまるCOP3」に参加したときのことを書きたいと思います(^^)

 

そもそも「にじゅうまるCOP3」とは、愛知ターゲットを達成するために活動する市民、企業、自治体を繋げて応援する「にじゅうまるプロジェクト」の3回目のフォーラムのことです!

私たちは分科会9の「教育的視点で見る農と食~若者を活動にどのように繋げていくか~」に参加させていただき、午前は全国で行われている活動の事例の紹介、午後はワークショップというプログラムで、いくつかの団体さんと交流してきました!

 

活動の紹介では田んぼの生きもの調査について、調査の方法や工夫していること、専門家の方の話などをきくことができました(*’ω’*)

そこで命をつなぐプロジェクトの活動を若者の活動の例として発表したんです(・∀・)

発表は関東の方が多かったので、愛知県で学生が活動しているということを知っていただく良い機会だったと思います♪

 

ワークショップでは2050年の日本はどうなっているか、生きもの調査でできること、の2つについて3~4人のグループで話し合いました(‘ω’)

それぞれの活動分野に関する意見が多く出たので、楽しくて面白い、勉強になったワークショップでした☺

 

 

生きもの調査の方法をたくさん知ることができて、私たちが企業緑地で定期的に行っている生物モニタリング調査に応用可能なものもあったので、これからの活動にどんどん取り入れてもっと有意義に活動にしていこうと思います!!

 

大同大学2年 小池まい

 

新体制発表!っとその前に...2018年ver.

(*’▽’)「今年度もこの時期がやってきました。りくぽんだポン!学生団体ならでは、1年での幹部交代…。少し遅くなりましたが(もう1年も1/12過ぎてしまいますね…)新体制を発表したいと思います!まずは、前年度委員長の中部大学3年吉川寧々さんよりありがたいお言葉をいただきます!」

(≧ω≦*) 「中部大学3年の吉川寧々です!命をつなぐPROJECT学生実行委員会での活動は不思議なことに年を重ねるにつれどんどん充実していきました。これは命Pのメンバーが持っている活動への熱意のおかげです!この団体の委員長をできて本当に良かったと思えます!1年間ありがとうございました!!これから主要になっていくメンバーは私たちの代よりも人数が多く、また一人一人がパワーを秘めています!10years after cop10の準備や緑地活動の活性化に向けて忙しい時期も増えてくると思いますが、体調と人間関係は崩さないように、自分とメンバーを大事にして活動を楽しんでください!私が引退しても命Pの活躍が耳に入ることを期待しています!」

(;’∀’)「ありがたきお言葉っ。1年間お疲れ様でした!次に、その委員長を支えてこられた副委員長の中部大学3年武馬弘季さんにコメントを貰ってきました。」

(@^^)/「中部大学の武馬です。年々、加入人数が増え、行える事も増えました。その分やる事も増え、自分が命Pにいる3年間で1番忙しがったですが、1番充実していました。不甲斐ない所もありましたが、無事に引き継げた事は嬉しく誇らしいです。皆さんが協力してくれたからだと思います。今後、2020年に向けての準備もありますが、通年イベントも質を向上させれるように頑張ってほしいです。また、自然消滅してしまった企画も復活させ有意義な活動にして下さい。最後に、場所の管理や物の管理が疎かだと必ず活動に支障をきたすので整理整頓をこまめにして下さい。そして、学業優先で体調にも気をつけて下さい。以上です。」

(*’▽’)「ありがとうございます!1年間お疲れ様でした!まだまだ、旧体制の幹部の方にお話をお聞きしたいのですが、都合上お二人だけにしておきます…1年間お疲れ様でした(^◇^)

では、新体制の発表です。委員長のバトンを引き継いだのは、大同大学2年玉代勢孝斗で、副委員長は今年は二人!大同大学2年中村陸と中部大学2年井端隆太郎です。よろしくお願いします!

幹部には、小池まい(大同大学2年)、小鹿友聖(大同大学2年)、光野弥貴(名古屋情報メディア専門学校1年)、筧紗南(中部大学1年)、平野智規(中部大学1年)山田和弥(人間環境大学1年)、安部友規(大同大学1年)、吉川菜々(日本福祉大学1年)

このメンバー含め総勢約100人のメンバーと、新たに入ってくるであろう新入生で頑張っていきますのでよろしくお願いします!代表で委員長と、一年代表の筧紗南からコメントを貰ってきました!」

委員長(`・ω・´)「新委員長となりました、大同大学の玉代勢です。まず始めに、旧幹部の皆さん一年間お疲れさまでしたm(__)m委員長という役職を引き継ぎましたが、引き継いでからの短い期間にも前委員長・副委員長の偉大さを実感させられる毎日です。でも、僕の力が前委員長に及ばなくても、新しく幹部となったメンバーも頼りがいのある人達が揃っているので、足りないところを補いあって、2017年度の命Pを超えるようなアクションを起こしていきたいと思います。新幹部の皆さんよろしくお願いします!

また、今年は大きな企画も始動しているので、旧幹部・新幹部だけに限らず、全メンバーで協力して、この企画をどんどん進めていきたいと思います。
命をつなぐPROJECT関係者の皆様、新体制になってまだ日が浅いため、力及ばずご迷惑をおかけすることもあると思いますが、今年度もどうぞよろしくお願いいたします。」

筧(^O^)「中部大学1年の筧紗南です。私たち1年生もパワフルかつ個性あふれるメンバーばかりです。この1年間で様々な経験と大学・学部を越えた繋がりが出来ました。先輩方の姿、技術を受け継いで新体制の命Pとともに1年生も一丸となって成長していけるように頑張ります。よろしくお願いします!」

(*‘∀‘)「ありがとうございました!今年もどんどん活動の幅を広げていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。」

命をつなぐPROJECT学生実行委員会

知多半島生態系ネットワークフォーラム

今回は先日行われた知多半島生態系ネットワークフォーラムについて書きたいと思います!

 

この生態系ネットワークフォーラムは1月12日に大同大学にて行われました。

このフォーラムの様子はYouTubeに載せられてはいるのですが、なんと全部で3時間程度にのぼっているのでここで概要を紹介させていただきます。

ちなみに、YouTubeのURLも貼っておきますね。是非、お時間あるときにご覧ください!

 

フォーラムの内容としては、三部構成になっており、第一部はフェアリーズという妖精二人組がスペシャルステージにて、生物多様性についての啓発ステージをしていただきました。参加者からは「すごい演出で最後までくぎ付けで最後まで釘付けでした」との声が聞かれました。

第二部では、知多半島生態系協議会という愛知県を9つに分けた一つの協議会に所属している団体の普段行っている活動を報告して、一般の方や他団体の方から質疑応答をするというものでした。ここでは、普段関わる機会の少ない他団体の方の普段行っている活動を知ることが出来て命をつなぐPROJECTとしても有意義な時間でした。参加者の方にもとても刺激になったことと思います。

 

そして第三部では、お時間をいただき命をつなぐPROJECT学生実行委員から2020年に向けた提案をさせていただきました。

YouTubeの2時間37分ごろから学生が提案しているところがあるので是非見ていただきたいです!

2020年は東京オリンピックの年でもありますが愛知県で行われたCOP10から10年後の年でもあります。

その年に10years after COP10という生物多様性ビックイベントを開催しよう!という提案をしました。世界に名をはせた愛知目標から10年後のターゲットイヤーであるその年に改めて生物多様性について考えるイベントを設けたいと思います。

 

これは命をつなぐPROJECT学生実行委員会だけでは実現できません。今回のこの提案を機に愛知県全体で一致団結してこのイベントを成功させたいと思っているため、これから色んな団体に協力をお願いして、「10years after COP10実行委員会」のようなものを設立させて素晴らしいイベントにしたいと考えています!

 

まだ、命をつなぐPROJECT学生実行委員会の学生が考えた、たたき台なので抜けているところがあるので、企画の具体的なことはこれからいろんな団体の方とどんどん詰めていきたいと思います。

 

今後もご理解・ご協力よろしくお願いします!

 

ここで一つ宣伝です!私たちが毎年発行しているフリーペーパー「ecoReco  Aichi」が先日完成しました!

26日から順次「名鉄名古屋~各務原」「名鉄金山~知多奥田」の駅と愛知県図書館に設置していただけるとのことなので見かけましたら是非お手に取っていただきたいと思います。よろしくお願いします(⌒∇⌒)

 

大同大学2年 中村陸

グリーンスマイルフェスタ 番外編

あけましておめでとうございます!新年一発目の投稿です!

いつも読んでくださっている方、初めて読んでいただける方、いつも命をつなぐPROJECTの活動に協力してくださっている方々…

 

本年もよろしくお願いいたします!

 

新年1発目の投稿は~!!!

昨年の12月10日に知多市勤労文化会館で行われたグリーンスマイルフェスタのお絵かきブースで開催したお絵かきコンテストの結果発表です!

今回は「好きな動物を描こう!」というテーマで多くの子供に参加してもらいました!

グリスマの概要に関してはエコレコの「グリーンスマイルフェスタpart1」をご覧ください。

では、早速発表していきたいと思います!

 

*:☆命Pのピカソ賞☆*

グリスマ当日お絵かきブースを担当していた学生が選ぶ作品がこちらです!

作者:うたちゃん

色がいっぱい使ってあってきれいなだけでなく、活動を理解してくれていてメッセージが含まれていてとても感動しました!

生き物が増えていけるような活動が出来る様より一層頑張っていきたいと感じました!

 

✨命P美術班賞✨

命Pで開催するイベントのデザインをいつも盛り上げている美術班が選ぶ作品がこちらです!

作者:げんしょう君

書かれている動物たちの特徴がしっかりと捉えられていてとてもかっこよかったです!

 

☆*:.。. 委員長賞 .。.:*☆
命をつなぐPROJECT学生実行委員会の委員長が選ぶ作品は………?
こちらです!

作者:しゅんたろう君

ただカワセミを書くだけでなく、カワセミが狩りをするところを書いたことが委員長の心にグッときました!
大きな魚を捕まえたカワセミさん……かっこいいですね!
カワセミがくわえている魚だけでなく、川の中にも魚がいることにも気づけましたよd(^0^)b
空の上、水の中問わず生き物が大好きということが伝わってきました!

 

✨グリスマ大賞✨

学生のグリスマ担当が選んだ作品はこちらです!

作者:はのんちゃん
生き物が描いてあるだけでなく隅に工場があって、命をつなぐプロジェクトの活動を理解してくれていると感じたからです( ˊᵕˋ* )♩
生き物がみんな笑顔だったり、いろんな種類の鳥が空を飛んでいたりと想像力も豊かで、見ていて楽しくなる絵だと思います♪

 

他にもたくさんの子供たちが素敵な絵を描いてくれました(o^^o)
ありがとうございました!

今後も多くの方に楽しみながら学んでもらえるイベントを開催したいと思いますので、ぜひ参加してみてください!

年の瀬 ゆるゆるトーク

今回最後に命P(いのぴー)学生実行委員会の委員長と副委員長で2017年にあったことをゆるゆると話してみました。

よろしければお楽しみください。

 

 

寧々(*’▽’*)「さぁ、今年ももう終わりになるね〜
この1年間、命P副委員長としてどうだった??」

 

武馬( ̄^ ̄)ゞ「そうですね、一年経つの早いですね〜
副委員長としては何も出来なかった気がしますが、3年生としてはしっかり活動できた気がします
委員長はどうですか?」

 

寧々(*’▽’*)「謙虚だなぁ
とは言っても自分も委員長として、ちゃんとみんなをまとめられたのか心配だ(笑)
でも自分なりには頑張ってきたつもりです!」

 

武馬( ̄^ ̄)ゞ「しっかりやっていましたよ!
命Pの今があるのは委員長を筆頭にみんなが頑張ってくれたからだと思います。
本当にお疲れ様ですm(__)m」

 

寧々(*’▽’*)「うわぁ〜ありがとう!
ここまでやってこれたのもみんなのおかげ!間違いない!!
命Pはみんなで協力しないとうまいことやれないもんね〜
本当に皆さんお疲れ様でしたm(_ _)m

前置きはさておき、武馬くんに質問です!
命Pに深く関わったこの1年で特に印象に残っていることってなんですか??」

 

武馬( ̄^ ̄)ゞ「この一年色々あったけど、特に言えば『竹』かな
流しそうめんや竹ご飯で主力になってやったからね」

 

寧々(*’▽’*)「命Pは孟宗竹とのお付き合いが長いもんね〜
うちは竹のことあんまり詳しくないから、後輩たちに技術を伝えてくれて助かったよ〜」

 

武馬( ̄^ ̄)ゞ「自分のやれる事をやっただけだよ
竹ご飯時にも自分がいなくてもしっかり出来たから後輩に伝える事が出来たと思う
安心して就活できます
今後も孟宗竹の関わりは切っても切れない仲になると思うから、技術の伝承は勿論、新しい事にも挑戦していってほしいかな

あと、昨日のように思い出せるのが4月にやった『中部大学での講義内説明会』だね
色々伝説を残したけど、頼もしい1年生が入って良かったよ
委員長も講義内説明会は今でも覚えてるでしょう(^^;;」

 

寧々(*’▽’*)「そりゃあ覚えてるよ〜
武馬くん、慣れもしないアドリブを入れて1年生たちを失笑させちゃったもんね
いい子達ばかり入ってきてくれたから結果オーライ?
頑張った頑張った!」

 

武馬( ̄^ ̄)ゞ「結果オーライだよ
個性的で優秀な人材が沢山入ってきたじゃないか
でも、来年度は自分の様にならない事を祈っています

委員長はどうですか?
特に印象に残っている事は何ですか?」

 

寧々(*’▽’*)「うちが印象に残っているのは、毎年夏にある企業緑地体験イベント『LOVE!GREEN DAY』だね!
命Pの活動に対して本気でやっていたけど、このイベントの準備は何よりも力を入れたなぁ
大変だったけどそれ以上の達成感があったから、やってよかったって思う!」
武馬( ̄^ ̄)ゞ「ラブグリは大きな問題なく終わって結果としては成功だったね
終わった時は自分も達成感があって頑張って良かったと思うよ
でも、まだまだ上を目指せると思うから今までを超えて頑張ってほしいね」

 

寧々(*’▽’*)「今のメンバーなら、さらにいろいろな人と協力してきっとうちらを超えてくるでしょう(≧∀≦)
うちらはもうすぐ実質的に引退しちゃうけど、来年もどうなっていくか楽しみだね!」

 

武馬( ̄^ ̄)ゞ「そうですね
これからも見守り続けたいですね」

 

寧々(*’▽’*)「それではそろそろ締めにしますか〜
それではみなさん!」

 

寧々(*’▽’*)武馬( ̄^ ̄)ゞ「よしお年を〜!!」

 

 

命Pに関わってくださった皆様方、この1年間本当にありがとうございました
また来年も命をつなぐPROJBCTのことをどうぞよろしくお願い致します

中部大学3年  吉川寧々、武馬弘季

  • 住友林業緑化株式会社
  • 大同特殊鋼知多工場
  • レッドキューブ株式会社

9月15日(土)に環境デーなごや2018に参加しました。   環境デーは、名古屋市の栄で行われる環境について考えてもらうためのイベントです。 学生団体や企業さんなど、様々な方がブースを出展しています。 また、環 […]

続きを見る

皆さん、こんにちは(*’ω’*) 私たちは8月22日(日)に開催された“サマーフェスタ元浜”というとても楽しいイベントに参加させていただきました!   当日は班ごとに分かれて、様々な経験をさせていただきました。 […]

続きを見る

時間が過ぎるのはあっという間で、もう3日目です…!   起床してから各々片付けをし、お世話になった宮島キャンプ場から、岐阜県中津川市の観光地「馬籠」に向かって出発! 快晴の中、途中道の駅で購入した朝ごはんを食べ […]

続きを見る

楽しい合宿も2日目に突入! 1日目で夜更かしした影響でまだ寝足りませんでしたが、朝ごはんを求めてダイニングに行くと…、 なんとB先輩が自前の道具を使って温かいお茶を沸かしていました笑:( ;´꒳`;): そんなお茶を頂い […]

続きを見る

皆さんおはようございます!こんにちは!こんばんは!(^^♪ 記録的な暑さだった今年の夏も落ち着いて、ようやく秋の涼しさが頭を出してきましたね〜! 皆さんは良い夏の思い出はできましたか?(’∽’) 私たちは8月19日〜21 […]

続きを見る

ごきげんよう!諸君!私は川のことなら何でも知ってる川野博士じゃ!かわじいとよんでくれ! え?なんで今日は忍者の格好をしているかって?それはこれから話す生き物について関係しているのじゃ。みんな、どの生き物か予想するのじゃ! […]

続きを見る

こんにちは!今回は皆さんの身近に生息しているシジミチョウについて紹介したいと思います! シジミチョウとは小型のチョウで、翅(ハネ)がシジミ貝の形に類似していることが名前の由来です。実は世界にチョウは1万7千種類以上いると […]

続きを見る

みなさん、こんにちは! 最近は毎日暑くて、ただ生きるのも大変ですよね。私も寒かった冬のときには「早く夏が来てほしい~」とぼやいていましたが、いざ夏が訪れると今度は「早く冬になってほしい~」と毎日思ってしまいます笑 水分と […]

続きを見る

皆さん、こんにちはー!今回は鳥の仲間のケリを紹介しようと思います。 ところで皆さんはケリがどのような鳥か知っていますか?「どんな鳥なんだろー?」「どこにいるだろー?」いろいろな疑問思うかもしれません。そこで今回はケリを紹 […]

続きを見る

コオロギについて みなさんこんにちは!命Pのたてちゃんです! きょうは秋の合唱団といえばやっぱりこいつ! 「コオロギ」について紹介していきたいと思います! コオロギはバッタ目 コオロギ科の昆虫です 色は黒っぽい茶色でテカ […]

続きを見る

ごきげんよう、諸君!私は川のことなら何でも知ってる川野博士じゃ。みんなからは、かわじいとよばれているんじゃぞ。これから川の生き物についてたくさん教えていくからよろしくたのむぞ~ さて、かわじいの川の生き物講座第一回目は、 […]

続きを見る

皆さんはカラスと聞いてどんなイメージを持ちますか? 頭を使って木の実を食べる賢いやつ、ゴミをあさっちゃう悪いやつ、人によってバラバラだとは思いますが、日常生活の中でよく見るカラスには2種類いるのは知っていますか? 都市部 […]

続きを見る