【新歓パーティやるよ!】久しぶりの投稿、そして宣伝

 

ご無沙汰してます。

HPの改修中に投稿ができずに、「まぁ、新年度から更新再開すればいいか」と高を括っていたらこんな時期でした…(*ゝ∀・*)

今年度はより活発に更新して、いろいろと情報発信していくのでよろしくお願いします!

 

さてようやく更新できたものの、ここ最近は今週末に迫っている新入生勧誘パーティの準備や、緑地見学会の準備でバタバタしていたわけです!(言い訳です、察してください…)

 

と、いうことでここから宣伝、愛知県はじめ東海地方の大学に通っている人は要チェック、チェック(๑´ڡ`๑)

まずは新入生勧誘パーティについて!

とりあえず4月19日は空けといてください、そして来てください

 

こちら、例年は命をつなぐPROJECT学生実行委員会(長いので命Pって略させて…笑)の新歓って形で開催していたんですが、今年はすこーし違っていて…

というのも、僕たちが今活動している知多半島以外でも活動ができるような

外来種対策や、モニタリング活動を行って、団体で連携したり、情報共有をし合える団体

を、愛知県内各地に作って愛知県全域で活動していこう!と画策中です!

 

そのためにも、名古屋市内や、知多半島周辺だけじゃなく、愛知県各地からぜひとも新歓パーティに来ていただきたい!!!

 

初めてのことばっかりみたいだし不安って人たち!

新しくでっけぇことやって成功させてみたくない?

って、煽ってないで、知多半島で成功している仕組みだと愛知県をはじめとした行政にも認めていただけているノウハウでしっかりサポートしていきます!

 

あつ、興味あるけど4月19日は予定が…って人もぜひぜひ連絡ください!

 

っていう新入生勧誘パーティの宣伝でした!

4月19日なので!

メアドだけじゃなくってインスタのDMなんかでも受付していうので!ぜひぜひ連絡ください!

Mail:shinkan.mail@gmail.com

Instagram:@nihon_eco_

そしてそのあと、21日の日曜日には普段からお世話になっている連携企業さんの緑地に実際に入って見学できる緑地見学会も行います!

興味あるって人はこっちだけでも参加できるので、同じく連絡ください!

と、長々と宣伝させていただきました…笑

今後はしっかりと活動報告とか、更新していくのでよろしくお願いします!

あつ、あとインスタも必死に更新してます笑

映えを目指した写真とか、メンバーのご陽気な写真とか投稿してるんで、こちらもフォローよろぴく

→ @nihon_eco_

名古屋情報メディア専門学校3年 光野弥貴

 

グリーンベルト図鑑vol.20 「ヤブツバキ」

寒い日が続いて、朝は布団から出たくない!1度入ったコタツからなかなか出られない!そんな日が続きますね(笑)

そんな中外へ出てみると、寒空の下、寒さに負けまいと咲く真っ赤な花を見たことはないかな?

今回は、雪が積もると白と赤のコントラスが鮮やかに写る、寒さにも負けない椿、その中でも日本に古くから根付くヤブツバキのお話です。

椿という名前は「艶(つや)葉(は)木(ぎ)」、「厚(あつ)葉(ば)木(き)」などが転じたものと言われたり、「強(つよ)葉(ば)木(き)」が語源だと言われているんです。

名前こそ葉っぱからつけられたかもしれないけど、椿の魅力は冬の薔薇ともいわれる赤い花ですよね!

ちなみにその花、散ってしまうときは花びらが1枚1枚落ちるんじゃなくて、花が丸ごとポトリを落ちる珍しい花なんです。

桜とおんなじですね!

ほかの植物は葉が散ってしまったり、あまり花を咲かせない。動物も冬眠に入る寒い時期にその赤い花を咲かせるのには秘密があるのです!

花の花粉は虫や鳥、風が運んでくれるのはみんな知っているかな?

椿はその中でも鳥に花粉を運んでもらう「鳥媒花」の1つなんです。

冬はさっきも言ったけど、花はあまり咲いてないよね。そこで目立つ赤い花を咲かせることで鳥にも見つけやすくして、花粉を運んでもらえるようにしているんです。

そんな冬の過酷な時期に花を咲かせるために椿の花びらや葉っぱは少し厚くなっています。

これは葉の表面がロウに覆われていて、乾燥しやすい冬の時期でも水分が逃げてしまわないようになっているからなんです。

それで椿の葉っぱはテカテカしているんだね。

みんなも1度は聞いたことがあるであろうあの椿油は、椿の種から作られているけど、種の時からそれだけたくさんのエネルギーを蓄える工夫がされているんです。

さらに椿は油だけじゃなく、その木材は硬いから彫刻細工にも使われていたりと、昔から人と関わってきているんです。

 

椿の花は昔から少しずつ品種改良がされてきて、今では赤だけじゃなく、白やピンク色のものに模様があったり、咲き方も違っていたり、さらには開花時期も10~2月に咲くものや、2~4月に咲くもの、6~7月に咲くものもあったりと違いがあるので、温かくなってからでも見つけられると思います!

今からでも赤い椿を探しに行きたい!って人は温かい恰好をして探してみてね。

きっと近くを通るとすぐに見つけられると思うよ!

名古屋情報メディア専門学校 1年 中村弥貴

グリーンベルト図鑑vol.19「ヌマチチブ」

皆さんこんにちは、最近めっきり寒くなってきましたね。これからももっと寒くなって来ますが寒さに負けないように頑張って行きましょう‼

今回は『グリーンベルト図鑑』シリーズの『ヌマチチブ』を紹介しようと思います!(別名でカワハゼなどとも呼ばれています) ところで皆さんはヌマチチブについて知っていますか⁇

ヌマチチブと言われても『ヌマチチブって何⁇  食べられるの⁇  どんなところにいるんだろう⁇』などいろいろな疑問があると思います。そこで今からヌマチチブを紹介したいと思います‼

ヌマチチブは、北海道から本州、四国、九州、さらには国内だけでなくサハリン、朝鮮半島、中国大陸などに住んでいるハゼ科の淡水魚です。また体が円筒形で頭が大きいです。    よく見ると愛着の持てる顔をしてると思いませんか⁉   冗談です そんなことないですよね〜 (笑)

オッとそんなことはいいので紹介に戻りましょう。
ヌマチチブは、チチブとよく似ていて以前は同種とされていました。

しかし尾柄が細い傾向があったり、ヌマチチブの方が大きくなるなどの理由から別種とされました。しかし両種を外形だけで判別するのはとても難しいそうです。外形で判別できないならわざわざ分ける必要もないような………..

またまた話が飛んでしまいました。紹介を続けましょう!ヌマチチブは河川の中流から下流に主に生息している他、ため池などにも生息し、流れが緩やかなところを好むんです。(ヌマチチブは国内全域に住んでいるのですが、本来いなかった琵琶湖などにも生息しているようです。)普段は単独で行動し縄張りを持つそうです。また雑食で藻類の他にオオクチバスという魚の卵も食べてしまうとこもあるそうです。(やっぱり自然界は厳しい‼)
また流通はしていませんが天ぷらや唐揚げ、佃煮など食用に利用されていみたいです⁉


食べてみたくないですか⁇  (まさか‼) 皆さんも機会があったら食べてみてください!以上でヌマチチブの紹介を終わります!今回の説明で少しでも興味を持ってもらえてたら嬉しいです。またこれからもいろいろな生き物を紹介して行くので楽しみにしてください‼
大同大学 1年  安部友規

愛知製鋼モリモリイベント 活動報告

11月12日(日)に連携企業の愛知製鋼様が主催の「もりもりイベント」でお手伝いをさせてもらいました!

豊田グループの企業の方をはじめ、そのお子さんたちも参加された今回のイベントでは、まず「どんぐりの苗木作り」を行いました。
自分が作った苗がわかるようにネームプレートも横に添えたので、数年後成長した自分の苗を植えるのが楽しみですね!

そのあとは豊田合成さんから頂いた苗木を4班に分かれて植樹を行いました。
苗の距離が近くなってしまわないように両腕を広げた程度の間隔を置いて、数種類の苗木を植え、

雑草防除や土の保湿・保温をしてくれるワラを上から敷き詰め、風で飛ばないように縄で固定して完成!
大きく成長するのがとても楽しみです!

午後は子供たちとネイチャークラフトで思い思いのネームプレートを作りました。

多くの方が参加された今回のイベント、今後もこういった緑を育むイベントが続き、広がっていくことを願って、活動を続けていきたいと思いました!

名古屋情報メディア専門学校 1年 中村弥貴

familiar life~身近な生き物その2~「エノコログサ」

新しく始まったシリーズ「familiar life」2回目です!

今回はエノコログサについて書きたいと思います(‘ω’)ノ

 

みなさん、エノコログサって何か知ってますか??

ねこじゃらしと言ったら分かりますよね!

これです↓↓

このエノコログサの基本情報をお伝えしようと思います!

 

原産国は日本なので、私たちが駆除する必要はなさそうです(‘ω’)

背は約 50cmで、穂はまっすぐ伸びています(`・ω・´)

花は7月~9月に下のようなかわいらしい花を咲かせるそうです❀

見たことがある方もいるかもしれませんね!

そして「エノコログサ」という名前の由来ですが、「犬の子草」という

穂のところが犬の尻尾に似ていることからきているそうです(^^)

 

最後にエノコログサの種類についてお伝えします!

エノコログサは変種が多く、生えている場所によって種類が異なったりします。

その中でも身近に生えているものをご紹介します(=゚ω゚)ノ

ムラサキエノコロ↓↓

特徴は穂の部分にある毛が紫色だということです。

探したらエノコログサのなかに生えているかも…?

 

アキエノコログサ↓↓

アキエノコログサは背が50cm~1mとエノコログサより大きく、穂が垂れているのが特徴です。

9月から大きくなってくるので、これから見かけるのはこちらかもしれませんね!

 

以上でエノコログサの紹介を終わります!

新シリーズ「familiar life」はこれからも身近な生き物を紹介していくので

楽しみにしていてください(^^♪

 

大同大学2年 小池まい

 

グリーンベルト図鑑vol.17「カブトムシ」

<(・T・)>「俺の名前はカブトムシ!今日は、この俺が主役なんだって?嬉しいもんだぜ!

      ってか、甲虫の王者のこの俺様がグリーンベルト図鑑17作目とはちょいと遅くねぇか?」

(^-^)「僕の名前は新入生の壮良。今日はカブトムシのことについて学べるそうじゃないですか!

カブトムシさん今日はよろしくお願いします」

(-ω-)/「りくポン教授がいることも忘れないように頼むポン」

<(・T・)>「俺が好むのはクヌギとブナ、コナラ、カシなどの木が大好きでそれらの木は夏緑樹林っていう分類で

文字の通り夏に葉が緑で秋から冬にかけて色を変え葉を落とす木が好きだな」

(^-^)「急にカブトムシさん喋りだしましたね」

(-ω-)/「自由な奴だポン」

<(・T・)>「俺様は力持ちなんやねん!なんたって自分の体重の10倍の重さのものを持ち上げられて

100倍のものを引っ張ることができるねん!」

(-ω-)/「カブトムシは軽いから人間の俺らからはあんまり力持ちに見えないが、人間に例えると

車を軽々と引っ張ることができるってことだポン」

(^-^)「めっさ力強いやんけぇー」

<(・T・)>「せやろ?わし力強いねん」

(^-^)「いうて俺はお前のご主人様やけどな」

(-ω-)/「皆に飼われてるポン」

<(・T・)>「外国のカブトムシに人気取られてわしは悲しいわぁ

       ヘラクレスオオカブトにコーカサスオオカブトやろ?皆かっこええもんなぁ…マジ羨ましいわぁ」

(^-^)「在来種には在来種のいいとこがあるやんけ!

自分で捕まえるのも醍醐味やんか!

<(・T・)>「めっちゃいいやつやん( ;∀;)

      みんな俺のこと探してな…」

(-ω-)/「探すんだポン!

あっ、あと壮良君を命秘(いのぴ)大学准教授に指名するポン。

これから俺がだんだん隠居していくから命秘大学のことを頼むポン」

(^-^)「了解タン。そらタン准教授として頑張っていくタン

皆よろしく頼むタン!」

大同大学2年 中村陸 人間環境大学1年 中尾壮良

3月23日 ウシガエルオタマジャクシ駆除

今回は、普段僕たちが行っている緑地活動について紹介したいと思います!

緑地活動では主に外来種の駆除や生物モニタリング調査、緑地の整備、定点カメラの交換をしています。

その中でもメンバー一同、悪戦苦闘しながら行っているウシガエルの駆除を紹介します!

ウシガエルについては「EcoReco earth」で連載しています『グリーンベルト図鑑vol.3』のウシガエルを読んでみてください!

(ウシガエル以外にもたくさんの生き物を紹介しているので是非検索してみてくださいね!)

さて、ウシガエル駆除に話を戻します。

なぜ、ウシガエルを駆除しないといけないかというと、めちゃめちゃ繁殖力が強く、なんと4万個の卵を産むとも言われているんです!

一匹が4万個も卵を産むんだから池の中がウシガエルばっかりになってしまいそうですよね。

もともとその池に住んでいた生き物の住処まで奪っていそうです…

さらにこいつがよく食べるんだそうで…

口に入るものだったらザリガニはもちろんのこと小さな鳥までも食べるんだそう。

そんな奴がたくさんいたら厄介ですよね。だから駆除活動をしているんです!

今回は連携企業さんのビオトープでウシガエルの駆除をしました。

罠(ウシガエルの好物を入れた網のようなもの)を仕掛けたり、池に直接入って網ですくったりしてオタマジャクシの状態のウシガエルを駆除しました。

二人一組で網を持って池の端まで追い込んですくい上げるという単純なものなんですが、

これが意外と操作が難しく(筆者はウシガエル駆除は初だったのでかなり苦労しました…)

池の中も動きにくく、大変苦労しましたが、

メンバーの中にはモテモテの子もいて(人にでなくて、ウシガエルのオタマジャクシにですけどね)

作業は順調に進みました。

最後は作業にも慣れ、楽しくなってきてメンバー一同夢中で駆除していました!

罠にもたくさんかかっており600匹以上駆除することができました!

しっかりと供養もしました…

人間に外国から知らない土地に人間の都合で持って来られて、増え過ぎたら迷惑だって駆除されてしまうんですから、可哀想ですよね…

しかし、これからも駆除します!

毎年駆除活動を行っており、数もだんだん減ってきました!

(600匹でも数は減ったんだそう…)

毎年活動を行うことで成果は徐々に出ているそうでメンバーも大喜びです!

これからもこの活動を続けて何年後かには今回活動したビオトープからウシガエルがいなくなることを祈っています!

(最後は七夕の日の更新なので七夕感出してみました。皆さんの願いもかないますように!)

 

大同大学2年 中村陸

グリーンベルト図鑑vol.11 メタセコイア

今回紹介するのはこちら

じゃじゃーん

メタセコイアです。別名アケボノスギです。

メタセコイアは1族1種の孤高の存在で日本で化石として見つかったが1943年に中国で自生しているのが見つかり「生きた化石」と呼ばれているシーラカンスなどと同様の特別な存在なのです。

しかし、このような存在にもかかわらず日本はメタセコイアの成長に最適な環境である事から私たちでも簡単に見る事が出来るのです。

その場所とは…

全国の公園や並木道です。もしかしたらあなたの学校でも見る事が出来るかもしれないです。

さて、見る事ができる場所を知ってもどんな木なのか知らないと意味がないので。続いてメタセコイアの特徴についてです。

メタセコイアは落葉性の針葉樹で、葉は枝に対生して複葉に見えます。

←メタセコアの幹

←メタセコイアの葉

 

早春に葉の展開に先立って枝先に雄花を多数咲かせ、秋には紅葉します。そして、球果を形成し種子を散布します。

←紅葉したメタセコイア

←メタセコイアの球果

見た目が素晴らしいメタセコイア。見るだけなら無料なので皆さん家に閉じこもっているだけではなくメタセコイアを見に公園に行ってみて下さい。

また、滋賀県高島市にはメタセコイア並木があります。季節によってメタセコイアの姿が変わるので機会があったら見に行ってください。

では、ここら辺で失礼します。またどこかで会いましょう。

記事作成者:武馬 弘季

グリーンベルト図鑑vol.8 ホンドタヌキ

(^^)/「たかポンです!」「ゆうポンです!」「りくポンです!」

「よろしくお願いしまーす!!」

今回は、僕たち「ホンドタヌキ」について紹介します!

( `ー´)ノ「まずは、たかポンがプロフィールを紹介するポン」

「僕たちは、哺乳網ネコ目イヌ科タヌキ属に分類されるネコやイヌの仲間なんだポン!

沖縄以外の日本全国に住んでいて、北海道には僕たちの親戚エゾタヌキ君も住んでいるんだよ~

僕たちの仲間は森に棲んでいるんだけど、人も住む地域に住んでいる仲間もいるんだポン!

身長は50~70cmぐらいで、人間が雨を防ぐ傘とかいうものと同じぐらいの大きさなんだってさ

体重は、3~5kgぐらいでみんな大好きスイカと同じぐらいの重さだポン」

(@_@)「次は、ゆうポンが僕たちの習性について紹介するポン」

「僕たちは、タヌキのため糞と呼ばれる行動をするんだ!

ため糞っていうのは、同じところにフンをして家族の間や集団の中で体調を気遣ったり、

他のタヌキたちに自分たちがここで生活をしていることを知らせたりしているポン!

人間と一緒で家族と仲が良くておとなしい性格なんだポン!」

 

(^-^)「最後に僕らホンドタヌキがよく間違えられるアライグマについて、りくポンが紹介しておくポン!」

「タヌキのしっぽは太く短いのに対して、外国出身のアライグマさんはしっぽが長くふさふさとした毛におおわれているポン。

あと、僕らの顔はまるまるとしていて優しい顔をしていて、アライグマさんはシュッとした顔をしているポン。

アライグマさんは外国出身で動物園から逃げ出して日本中に増えていき畑をどんどん荒らしていく問題児なんだ!

これからは僕たちのことももっとかわいがってほしいな!」

 

(^^)/「今回の僕たちの紹介で少しはホンドダヌキのことを知ってもらえたかな?

グリーンベルト図鑑シリーズ。次回は君たちの周りの動植物かも?

次回もお楽しみに~!!」

大同大学2年 玉代勢孝斗、亀山裕介、中村陸

グリーンベルト図鑑vol.6-2 シジュウカラ

( ^)o(^ )「こーんにちはー!

(*’▽’)「こーんにちはー!!!」

(@_@)「今日は君にシジュウカラについて説明してやろう」

聴衆(あれ?シジュウカラ2回目じゃない?)

筆者(愛が強すぎてシジュウカラ第二弾です!)

(*’▽’)「師匠!よろしくお願いします!」

(@_@)「仕方あるまい。心して聞くが良い」

(*’▽’)「ありがたき幸せ!」

(@_@)「シジュウカラはスズメ目シジュウカラ科の鳥だからみんながよく知っているスズメの仲間なんだな!」

(*’▽’)「スズメさんの仲間なんですね!確かにそういわれてみると形もどこかスズメっぽいですね」

(@_@)「そうだ。それから日本では北日本によく住んでいる鳥なんだ」

(*’▽’)「青森県とかがある地域ですね。

それから、師匠!鳥って外国から日本に来たりするものがいるじゃないですか?

シジュウカラもその仲間ですか?」

(@_@)「残念だが違うぞ。たしかに外国からくる鳥もいるけどシジュウカラは日本にずっと留まっている鳥の仲間なんだ!」

(*’▽’)「シジュウカラはどんな所に住んでいるんですか?すごい森に棲んでいるんですか?」

(@_@)「お前はことごとく外してくるな…

わしたちが住む住宅街にも住んでいるぞ!」

(*’▽’)「…そうなんですね…

住宅街にも住んでいることがあるのなら何でも食べるんですか?」

(@_@)「ようやく当てたな!わしゃうれしいぞ!」

(*’▽’)「ありがとうございます!」

(@_@)「じゃあ、例えばどんなものを食べてるかわかるな?」

(*’▽’)「植物の実ですかね?」

(@_@)「そうだな。他にも種やクモなどの小さな虫も食べることもあるな」

(*’▽’)「そうなんですね。

シジュウカラは1人で行動する鳥ですか?」

(@_@)「時には、数十羽の群れで飛んでいることもあるから探してみるのもいいかもしれんな」

(*’▽’)「はい!今度探してみます」

(@_@)「ただな。このシジュウカラの仲間たちはな…」

(*’▽’)「し、師匠!ど、どうしたんですか?」

(@_@)「シジュウカラの仲間は絶滅危惧種になっていることも多くて、最近は見れる機会も少なくなってきたんだ…」

(*’▽’)「そうなんですか…」

(@_@)「でも、君のようにシジュウカラのことを知ってくれたことによって変わっていくこともある」

(*’▽’)「シジュウカラに愛着がわいてきました!」

(@_@)「おっ、いいことだ!これからも動物について知っていってくれ!」

(*’▽’)「はい!これからもよろしくお願いします!」

大同大学1年 中村陸

グリーンベルト図鑑 vol.5 『ホンドギツネ』

今回で5回目になったグリーンベルト図鑑の時間です。

今回の記事はとある理由で写真は1つも使いません。もし、理由が知りたかったたら最後まで読んでね(^^♪

今回の主人公は待ちに待った「キツネ」です。

しかし、「キツネ」と言ってもいくつかの種類がありますが、今回は主に本州、四国、九州に生息している「ホンドキツネ」をピックアップしたいと思います。

まずは基本的なデータからいきましょう!

イヌ科キツネ属

北半球全域に生息しているアカギツネの日本に分布する亜種です。

夜行性ですが明るい林や野原に巣穴を自分で掘り子供たちの世話に役立てています。

生息は前にも言った通り本州、四国、九州の里山を住処としていますが、最近では里山が減少方向にあり昔のように簡単には見る事が出来なくなりました。そのような残念なこともありグリーンベルトにやってきたと考えられていますので素直に喜ぶことが出来ないです

里山を住処にしてきやからこそ「ゴンキツネ」などの民話に登場し人気者になったキツネがまた私たちの前に現れてくえたら嬉しいですね。

ここら辺で悲しい話はやめて明るく行ってみましょう!!写真はないため皆さんの想像力が試されますよ(^^)/

まず見た目の特徴についてです!

体色は背面から側面が黄土色、顔の下面から腹部は白、尾が太く、先端は白色です。皆さんの想像力で正しいホンドキツネを想像してあげて下さい。

ちなみに、北海道などに住む「キタキツネ」の体色は

赤褐色であごの下から腹部は白色、四肢の足先前面は黒色、尾は赤褐色で先端部には白毛があります。全体「白」という訳ではないですね。

続いては食性について見ていきましょう!

食性は皆さんが知っている通り肉食ですが…

果実も大好物なんです

季節により食性が変わるのです。

冬から春は野ネズミ類や野ウサギなど肉食中心

夏では甲虫類やセミ類、野イチゴ類の果実

秋ではカキ、アケビの果実

が多く占められており好き嫌いがないえらい子なんです。皆さんも好き嫌いしててはだめですよ

さて、もうそろそろお別れの時間です。この機会にもっとキツネの事に興味を持ってくれたらうれしいです。

実はこのwebサイトの中の「動画チャンネル」や「生き物情報」にキツネについて書かれています。もちろん写真もあるのであえてこの記事では写真は載せませんでした(^^♪

もし、時間があったり興味があったら見ていって下さい。

参考:日本動物大百科1哺乳類Ⅰ 平凡社

記事作成者:命をつなぐPROJECT学生実行委員 武馬弘季

グリーンベルト図鑑Vol.2アオバズク

( ˙◊˙ )「まいバズクです!」「ねねバズクです!」「りくバズクです!」

みなさん、こんにちはー!

グリーンベルト図鑑第2回の今回は、僕たち「アオバズク」のことを紹介します(^^)/

%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%83%90%e3%82%ba%e3%82%af%ef%bc%91

 

( ˙◊˙ )「まずは、まいバズクが紹介するホ~!」

「僕たちアオバズクはフクロウ科アオバズク属の分類で、ミミズクの仲間になるそうですよ/

そもそも、フクロウとアオバズクの違いは何だと思いますか??

フクロウとミミズクは、耳のように見える羽があるかないかの違いですが、アオバズクにはその羽がありません(°_°)だから、フクロウとアオバズクはあまり違いがないということになります!笑

アオバズクの体長は約30cm、翼を広げるとなんと約70cmもの大きさになるとか…!翼を広げた姿をエンゼルポーズと呼ばれているそうです(*^^*)

そして、オスよりもメスの方が身体が大きいらしいので、見つけたときに間違えないようにしなければ!!

見た目は、頭と翼は黒くてお腹は白に黒のたてしま模様が入っています(´∇`)目は黄色だから探す時の目印になるかも?

鳴き声は「ホッホ、ホッホ」と2回ずつ鳴くので、鳴き声でアオバズクがいるかどうかが分かりますね!

アオバズクは夏に日本にやって来て、秋になると冬を越すために南下していきます。なので日本では夏鳥として親しまれていて、俳句の季語にもなっているんです!漢字で書くとこうなります↓

『青葉木菟』

雰囲気が変わってかっこいいでしょ♪

主な食事は、小さい鳥や昆虫(セミ、ガ)などをムシャムシャ(^ω^)と食べています/」

 

( ^◊^ )「お次は僕!ねねバズクがアオバズクの今を説明するホ~」
「僕たちは、実は…愛知県では準絶滅危惧種に指定されているんです!

今すぐではないけれど、将来絶滅してしまうかもしれません(´;ω;`)」

やすバズク( O◊O )「どうしよう…!」

%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%83%90%e3%82%ba%e3%82%af%ef%bc%92

( ^◊^ )「でも大丈夫✴︎

社寺林や都市公園などの大木がある林の保全を行えば、アオバズクが絶滅してしまう可能性を抑えることが出来るのです!
グリーンベルトではアオバズクが住みやすい工夫をいっぱいしてるところもあるみたいです(人●´ω`●)」

( O◊O )「まずはアオバズクの食料が欲しいなぁ」

( ^◊^ )「心配はいらないよ!食料になる昆虫が集まってきやすい樹木を植えたり、昆虫が集まってくるように腐葉土をつくってもらっているんだ!」

( O◊O )「ごはんがいっぱいあるところの近くだったら、仲間がたくさん集まって来るね♪」

( ^◊^ )「将来巣を作ってくれるような大きい洞ができる樹木も植えてるんだってさ!

でもまだ育つまで時間がかかるから、それまでは他の樹木に巣箱を作って設置してあるの

この巣箱の設置・定期確認を、命をつなぐプロジェクトの人達が行っているんです(*^^*)」

( ˙◊˙ )( ^◊^ )「以上、まいバズクとねねバズクでした!!」

 

( ー◊ー)「私のことを忘れてもらっては困ります。」

ベリッ!!!

( ーωー )「命秘大学名誉教授のりくぽんだぽん!みんな、お久しぶり。これから私が最後のまとめをするぽん!

フクロウの仲間!って言われるとすっごい森に住んでることを想像しますよね?

でも、アオバズクは『神社の番人』と呼ばれるくらい身近な場所に住んでるんだぽん!

もしかしたらみんなの周りにもいるかもっ!

夜行性なので昼間はぼーっとしてますが(半分寝てる?)夜7時くらいには行動スタート!

良い子のみんなも観察できるぽん!

お昼の間は巣の近くにいることも多いみたい!運が良ければ赤ちゃんアオバズクがみれるかな?

グリーンベルト図鑑シリーズ!次回の主役もみんなの周りにいるあの生物かも!?

次回もお楽しみに〜!ぽんぽこ!!」

中部大学2年 吉川寧々、大同大学1年 小池まい、中村陸

 

  ご無沙汰してます。 HPの改修中に投稿ができずに、「まぁ、新年度から更新再開すればいいか」と高を括っていたらこんな時期でした…(*ゝ∀・*) 今年度はより活発に更新して、いろいろと情報発信してい […]

続きを見る

どうも事務局の吉田です。 皆さん当然ご存知と思いますが、 ブラックホールの写真撮影に成功したそうですね! 地球上の8つの電波望遠鏡を結合させた 国際協力プロジェクトでの成功だそうです。 世界が協力して宇宙のロマンへ挑む… […]

続きを見る

どうもこんにちは、事務局吉田です。 皆さん、野球はお好きですか? 実は私・・・さほど興味がなかったのですが(汗 気になる情報を見つけたのでシェアします。 西武ライオンズが、ライオンの保護キャンペーンを行っているそうなんで […]

続きを見る

9月15日(土)に環境デーなごや2018に参加しました。   環境デーは、名古屋市の栄で行われる環境について考えてもらうためのイベントです。 学生団体や企業さんなど、様々な方がブースを出展しています。 また、環 […]

続きを見る

皆さん、こんにちは(*’ω’*) 私たちは8月22日(日)に開催された“サマーフェスタ元浜”というとても楽しいイベントに参加させていただきました!   当日は班ごとに分かれて、様々な経験をさせていただきました。 […]

続きを見る

時間が過ぎるのはあっという間で、もう3日目です…!   起床してから各々片付けをし、お世話になった宮島キャンプ場から、岐阜県中津川市の観光地「馬籠」に向かって出発! 快晴の中、途中道の駅で購入した朝ごはんを食べ […]

続きを見る

楽しい合宿も2日目に突入! 1日目で夜更かしした影響でまだ寝足りませんでしたが、朝ごはんを求めてダイニングに行くと…、 なんとB先輩が自前の道具を使って温かいお茶を沸かしていました笑:( ;´꒳`;): そんなお茶を頂い […]

続きを見る

皆さんおはようございます!こんにちは!こんばんは!(^^♪ 記録的な暑さだった今年の夏も落ち着いて、ようやく秋の涼しさが頭を出してきましたね〜! 皆さんは良い夏の思い出はできましたか?(’∽’) 私たちは8月19日〜21 […]

続きを見る

ごきげんよう!諸君!私は川のことなら何でも知ってる川野博士じゃ!かわじいとよんでくれ! え?なんで今日は忍者の格好をしているかって?それはこれから話す生き物について関係しているのじゃ。みんな、どの生き物か予想するのじゃ! […]

続きを見る

こんにちは!今回は皆さんの身近に生息しているシジミチョウについて紹介したいと思います! シジミチョウとは小型のチョウで、翅(ハネ)がシジミ貝の形に類似していることが名前の由来です。実は世界にチョウは1万7千種類以上いると […]

続きを見る

みなさん、こんにちは! 最近は毎日暑くて、ただ生きるのも大変ですよね。私も寒かった冬のときには「早く夏が来てほしい~」とぼやいていましたが、いざ夏が訪れると今度は「早く冬になってほしい~」と毎日思ってしまいます笑 水分と […]

続きを見る

皆さん、こんにちはー!今回は鳥の仲間のケリを紹介しようと思います。 ところで皆さんはケリがどのような鳥か知っていますか?「どんな鳥なんだろー?」「どこにいるだろー?」いろいろな疑問思うかもしれません。そこで今回はケリを紹 […]

続きを見る