スクープ!!アサギマダラに迫る

皆さん、渡り鳥は知っていますよね!

季節になると、国を越え海を越えて日本にも来てくれたりします。

しかし、ここで渡り蝶というものを知っている人はそんなに多くないと思います!

 

 

その海を渡る蝶の名前は“アサギマダラ

なんとこの蝶は日本だけでなく台湾や韓国に生息しているだけでなく、海を渡ってしまうというすごい蝶なんです。

しかしそんな海を渡る蝶は研究がほとんど進んでおらず、世間にはあまり知られていない存在なんです!!

見つけた場合、羽にその捕まえた場所などいくつかの情報を記すマーキングということも全国でされています!!

そんな海を渡る蝶、アサギマダラを私たち命をつなぐprojectが緑地に呼んでみようという計画が上がりました。

ただあまり知られていない蝶、私たちだけではなかなか難しいと感じました(/_;)

 

そんな中、なんとこの蝶を呼び込むことができた中学校があるんです!!!

先日そのすごい中学校、豊田市立藤岡南中学校に取材をしにうかがいました!!

 

藤岡南中学校は「ともに生きる」という校訓のもとでつながりを大切にしていこうということで国をまたぐ蝶を呼んでみようとアサギマダラ誘致を開始したそうです。

藤岡南中学校は、校内にアサギマダラの雄が好きなフジバカマという花を植えることで蝶を呼び込むことに成功しているんです!!

また、生徒にボランティアを募集してアサギマダラの幼虫から羽化までのお世話もしているということでした!

フジバカマの花を植えた途端にアサギマダラが来たということだったので、フジバカマの影響力ってすごいなと思いました。

フジバカマ

そんなフジバカマは準絶滅危惧種にも指定されている貴重な花なんです

見せて頂くと緑一色の葉っぱのものとところどころに赤色が混じった葉っぱのものがありました

これは緑のものに白い花、もう一つのものには赤い花が咲くんだそうです。

ちなみに赤い花が咲くフジバカマのほうが匂いが強く、先生曰くこちらのほうがアサギマダラが寄ってきやすいとおっしゃっていました。

実際嗅いでみても赤い花のつくほうが独特なにおいを醸し出していました(^O^)/

ところでなぜこのフジバカマにアサギマダラが寄ってくるのかというと

フジバカマには独特の毒があり、その毒を使うことでアサギマダラの雄が性フェロモンという雌をおびき寄せるために必要な物質を作るのに利用しているためだそうです。

そんな特殊な生態をもっているアサギマダラですが中学校には1シーズンに5~6頭飛来し、そのたびにマーキングをしているんだそうです。

しかし、今までにまだマーキングし終わった個体が飛来したことは確認されていないそうです。

 

ここまで藤岡南中学校のアサギマダラ飛来について書いたてきましたが

実は中学校では市販されているアサギマダラの幼虫を生徒たちの手で羽化までさせるという活動も行っていました。

アサギマダラは暑さに大変弱く、25℃以上になると死んでしまうという結構繊細な生き物なんです。

そのため生存のための温度管理と、カビや寄生虫が繁殖しないような温度管理と様々な点を注意しながら子どもたちが協力してお世話をしているという事でした(#^^#)

私たちが取材に伺ったときは、もう無事に成虫まで成長し飛び立った後だったので幼虫を見ることができませんでしたが先生が大変うれしそうにお話しされていたのが印象的でした。

アサギマダラの幼虫

 

今回の取材で、実際にアサギマダラを呼ぶことに成功された方々にお話しを伺うことで私たちが調べて得た情報の照らし合わせができただけでなくさらにより良い情報をたくさん提供していただけました。

今後、命をつなぐPROJECTではアサギマダラとも関わっていこうと考えていますがこの取材も参考にしつつ進めていきたいと考えています

また、アサギマダラだけでなく様々な方のお話しを伺っていくことで命をつなぐPROJECTの拠点でもある企業さんの緑地でも生き物について考えていきます!!

 

 

このたびは取材を受けてくださいました豊田市立藤岡南中学校様

大変有意義な取材をありがとうございました!!

今後のアサギマダラの活動も応援していきます!ありがとうございました

 

 

記事作成者:森 太志

みなさん、こんにちは! かけちゃんです! 今回は身近な植物について少し紹介します!! 今日の主役はこの子たち! 綺麗に咲いていて良く見かけますよね、 実はこのタイプのお花、二種類あるんです(≧∀≦) 一つはハルジオン。 […]

続きを見る

8月1日に、加藤建設さんが開催されたイベントのお手伝いに行ってきました! 「蟹江川水辺スポット」にて、その土地に住む生き物に触れてもらうことを中心としたイベントで、こどもたちは蟹江川に生息しているテナガエビやモクズガニに […]

続きを見る

毎年8月、愛知県豊橋市の学生たちが中心となって、 50km以上に及ぶ表浜海岸を一週間歩き通してゴミ拾い活動をする団体がある。 “表浜BLUE WALK”だ。 モットーは、明るく、楽しみながら。 ごみ拾いという活動は真面目 […]

続きを見る

7月6日(土)と7月7日(日)に東海市にある大窪公園で、ボーイスカウトさんの活動のお手伝いをしました! 7月7日は七夕なので、行事食である”そうめん”をメインに活動をしました。   7月6日 1日目は流しそうめ […]

続きを見る

今回は、カルガモの生態について紹介します!! (子)お父さん!あそこにいる鳥の名前何かわかる? (父)カワセミかな。 (子)違うよ、カルガモだよ。 (父)え!?   (子)お父さんカルガモはね、くちばしが黒くて先端が黄色 […]

続きを見る

今年の夏は涼しいなぁ 毎日雨、雨、雨。昨年と比べ涼しい夏。   今年は7月というのに全国的に低温が続いております。 1993年には冷夏による影響でお米は凶作となり、タイ米を緊急輸入する事態になりました。 あれか […]

続きを見る

『海を汚すのは母親を汚すのと一緒』 どうも海育ちの事務局飯塚です。 6月大阪にて開催されていたG20サミット。   我が国日本はホスト国として参加し、6/28-29に開催されましたネ。 G20では国際的に重要な […]

続きを見る

今回は6月2日(日)に愛知製鋼さんのボランティアとして大滝村で間伐に参加させて頂いたので、その活動報告を記事にしていこうと思います。 朝6時30分に集合場所である聚楽園駅で集合でした。 天気は曇りで、気温は少し肌寒く、天 […]

続きを見る

おはようございます!こんにちは!こんばんは!今回は、みんながよく知っているタヌキについて紹介したいと思います。   全長70~80㎝で体重は3~6㎏でピークは秋に迎えます。日本でメジャーな動物で連携企業さんの緑地でもしば […]

続きを見る

 日本の国鳥はご存知ですか?  実はキジなんですよ。  1947年に日本鳥学会によって日本の国鳥に選ばれました。日本の固有種です。美しい見た目で、昔話の桃太郎で多くの人に親しみがあるという理由です。そんなキジですが、日本 […]

続きを見る

  皆さんこんにちは!   今回は、5月12日にトヨタの森で行われた「カエルと育む生きる力」というイベントに、 ボランティアとして参加させて頂いたので、その活動報告を記事にしていこうと思います!(&# […]

続きを見る

平成31年4月21日(日)に新メンバーに「命をつなぐPROJECTの活動を体験して欲しい」という願いから、新入生緑地見学会を行いました。 今年は、東邦ガスさんと大同特殊鋼さん、愛知製鋼さんにご協力をいただき、30人もの新 […]

続きを見る