企業緑地へようこそ!「新入生緑地見学会」

4月28日(土)に緑地見学会を行いました!

今回の緑地見学では午前中に東邦ガスさんと大同特殊鋼さんの2つの見学コースに分かれて見学をして、午後には2つの見学コースが合流して愛知製鋼さんの緑地を見学したり整備をしたりしました!!

午前の大同特殊鋼さんでは、最初に西のビオトープを見学しました。

そこにある遊歩道を歩いていると、黄色い巣箱を見つけました!

その巣箱は「シジュウカラ」を呼ぶものなのですが、今回は確認することができませんでした。『今度見に来る時は確認できるといいなぁ~』と思いました!!

次にマウントという小高い丘のようなところに行って、デコイという模型をみんなで一緒に設置しました!

これにより「コアジサシ」という渡り鳥に仲間がいると思わせて、マウントに呼び込むことができます。まだ来てないけど、『いつか来て欲しいなぁ~』と思いながら設置しました!!

そして、東のビオトープで池を見学しました!

そこにはオタマジャクシがいっぱいいました…。最初は『見た目が少し嫌だなぁ…』と思ったりしましたが触れてみたら感触がふわふわしてもっと触っていたいと思いました!!

 

東邦ガスさんでは最初に水辺ビオトープを見学しました。そこでは前もって仕掛けてある罠を使って、外来種の「ウシガエル」を罪はないのですが駆除をしました…。その後駆除をした「ウシガエル」は木の根元に埋め供養しました。

次に水辺ビオトープ以外の緑地を見学しました。そこでは、水辺ビオトープに来る鳥を気が付かれないようにして観察できる小屋や虫が隠れられるように刈らずに残された草むらなどがあり、『生き物のことを思ってくれているなぁ~』と思いました!

また、なんと!『マメナシ』という梨に似た特別天然記念物が生えていました!!

しかし、味は梨のように甘いのではなく渋い味そうです…。

 

午後の愛知製鋼さんでは最初に水路作りを行いました。大きくて太い竹をみんなで協力して鉈を使って割り、竹の節を取って水路を作りました。

次に行った沿道作りでは、最初にみんなで草を刈ることから始めました。みるみる草がなくなり、『数の力はすごいなぁ~』と思いました!

その後ウッドチップを敷いて沿道を完成させました!!

 

今回の緑地見学では、1年生たちに緑地の中を散策してもらい、緑から海を望めて、オタマジャクシを見つけたり、鳥のさえずりを聴けたり、といった普段できない体験をしてもらうことができました!

また、みんなで協力して作業を行って上級生と1年生が仲良くなることもできました!!

これからも企業さん方と協力させていただいて、これからの活動が成果を実らせ、より多くの生き物が集う、豊かな緑地に益々なっていくと嬉しいと思いました。

 

 

人間環境大学 1年 岸村 晋作、髙山 雄気、田中 ももの・大同大学 2年 安部 友規

活動報告:タケノコ祭り(4/21)

今回は、モリビトの会さんが開いている、タケノコ祭りに参加して来ました!
そもそもモリビトの会がどのような団体かというと、近年増えすぎてしまっている、孟宗竹などの竹を伐採して、そのまま放置するのがもったいないってことで、燃やして炭にして再利用している、主に環境保全を行なっている団体です。


今日は、そこで取れたタケノコを使って、ピザ・串・豚汁などを近所の人に食べて楽しんでもらいました。

タケノコを取っている人もいてそのタケノコの大きさにびっくりしました‼︎


また他大学の学生スタッフと交流できたり、子供達と触れ合う時間もたくさんあってとても楽しかったです!
またこのような機会があれば積極的に参加して行きたいです!

 

大同大学 2年 安部

グリーンスマイルフェスタ2017! part1

みなさんこんにちは(^^)

今回のweb記事は12月10日に行われた「グリーンスマイルフェスタ」について、2部構成でご紹介しようと思います!

グリーンスマイルフェスタとは、主に知多市や東海市に住んでいる地元の方に生物多様性を楽しく学んでもらおう!というコンセプトのイベントです(*’▽’)

part1の今回は会場で行ったブースの紹介をしたいと思います(・ω・)ノ

 

今年のブースは、ネイチャークラフト、神経衰弱、的あて、折り紙・お絵かき・塗り絵、竹ご飯の5つでした!

ネイチャークラフトブースでは、クリスマスリース作り、松ぼっくりツリー作り、ビオトープジオラマ作りの3種類の中からお客様に選んで作ってもらいました❄

学生が拾ってきた葉っぱや枝、ドングリを使ったり、スパンコールやリボンなどの装飾を使ったりして素敵な作品に仕上がっていました!

クラフトのお手伝いをしながら、子供たちと楽しくおしゃべりをしました(^^♪

 

神経衰弱のブースはグリーンベルトにいる在来種をカードにして、遊びながら身近にいる在来種を知ってもらえるように工夫しました☺

子どもと学生が対戦したり何度も遊びに来てくれて、カードにした生き物の説明が書かれた景品をたくさん持っているお子さんもいました☆

ブースの目的がしっかり果たせたように感じたので、よかったなと思います!

 

的あてのブースは、私たちの身近にいる外来種を的にしてボールを当ててもらうことで、外来種の危険性や外来種駆除を学んでもらおうというものです(‘ω’)

子どもの年齢によって投げる位置を変えたので、小さい子から小学生までたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました!

的が倒れた数を掲示していたので、最高記録を更新しようと男の子たちが必死になって外来種の的を倒していたのが印象的でした( `ー´)ノ

 

折り紙・お絵かき・塗り絵ブースでは、今年も折り紙アクションさんとコラボさせていただき、折り紙を通して生物多様性を知ってもらいました(*^^*)

お絵かきコーナーではコンテストを開催して、「好きな動物を描こう!」をテーマにたくさんの子どもたちが絵を描いてくれましたよ(^^♪

塗り絵では、連携企業さんの緑地に設置する予定である巣箱の塗装を考えてもらいました!

折り紙は、ブースが終わるころには机が生き物でいっぱいになるほどたくさん折ってもらうことが出来たので、今年も折り紙アクションさんとコラボさせていただけて良かったなと思います( ^^)

お絵かきで描いてもらった「好きな動物を描こう!」の絵は、フリーペーパーのエコレコあいちに掲載されるかもしれないので、楽しみにしていてください(*’ω’*)

巣箱の絵は実際に描いて緑地に設置するので、どの絵が選ばれるのかお楽しみに!

 

竹ご飯のブースでは、会場とは別の場所で竹の中でご飯を炊いて、それをお客様に食べてもらいました(‘ω’)

詳しくはグリーンスマイルフェスタpart2でご紹介するのでお楽しみに!

 

休憩スペースでも小さな遊びを運営してました☆

生態系ピラミッドを実際につくってみたり、

積み木で身長を超えるほどの高さまで積んだりなど、ブースの合間にゆっくりしてもらいました☺

 

2~3か月かけて準備してきたグリスマを、当日来てくださったお客様が楽しかった!といってくれたので、みんなで協力してきて良かったなと感じました(#^^#)

次回は竹ご飯についてお伝えします!

 

 

大同大学2年 小池まい

サマーフェスタ元浜!

こんにちは!

今回のweb記事は8月 27日に行われたサマーフェスタ元浜について書こうと思います(^^)/

 

サマーフェスタ元浜は大同特殊鋼さんが主催している夏祭りのイベントで、昼間は遊ぶことができるブースと出店が並んでいて、夜は出店だけになって盆踊りを楽しむことができます☺

私たち命をつなぐプロジェクトは、昼間に外来種の竹を使ったリモコン立てを飾ってもらうブースを出させていただきました(‘ω’)ノ

外来種の竹「モウソウチク」についてはグリーンベルト図鑑vol1をご覧ください(#^^#)

 

では私たちが出したブースを紹介します!

リモコン立てに使ったモウソウチクは私たちが伐採して、切って、削って、やすって…と加工をしました。

加工後はこんな感じです↓↓

長さも断面もそれぞれ違うので、世界に一つしかないリモコン立てになってます☺

 

これを来てくれた方に選んでもらって、好きなように飾ってもらいました☆

スパンコールやビーズ、マスキングテープなどを使って、好みのデザインに仕上げてもらいましたよ(^^♪

家族やお友達同士など終始楽しそうにつくってもらえたので、約90個持って行ったリモコン立てがすべて無くなりました!

 

リモコン立てブースも盛り上がっていましたが、私たち命をつなぐプロジェクトの学生がいたブースはほかにもあるんです…!

それは、ホタテのバター醤油焼き(*’▽’)

北海道から直送したホタテの貝柱をホタテの貝殻の上で焼くという、聞いただけでよだれが出てきそうなものを作るお手伝いもしていました(=゚ω゚)ノ

こちらは長い行列ができるほど人気で、昼も夜もすぐに売り切れでした!

 

今年のサマーフェスタ元浜はイベント初参加の新メンバーも多くいたので、来てくれた方と仲良くなるのはもちろん、メンバー同士の仲も深まった良い機会だったと思います(^^)

 

サマーフェスタ元浜の報告は以上です(‘ω’)

夏のイベントはまだまだあるので、その報告を楽しみにしていてください!

 

 

大同大学2年 小池まい

 

3月23日 ウシガエルオタマジャクシ駆除

今回は、普段僕たちが行っている緑地活動について紹介したいと思います!

緑地活動では主に外来種の駆除や生物モニタリング調査、緑地の整備、定点カメラの交換をしています。

その中でもメンバー一同、悪戦苦闘しながら行っているウシガエルの駆除を紹介します!

ウシガエルについては「EcoReco earth」で連載しています『グリーンベルト図鑑vol.3』のウシガエルを読んでみてください!

(ウシガエル以外にもたくさんの生き物を紹介しているので是非検索してみてくださいね!)

さて、ウシガエル駆除に話を戻します。

なぜ、ウシガエルを駆除しないといけないかというと、めちゃめちゃ繁殖力が強く、なんと4万個の卵を産むとも言われているんです!

一匹が4万個も卵を産むんだから池の中がウシガエルばっかりになってしまいそうですよね。

もともとその池に住んでいた生き物の住処まで奪っていそうです…

さらにこいつがよく食べるんだそうで…

口に入るものだったらザリガニはもちろんのこと小さな鳥までも食べるんだそう。

そんな奴がたくさんいたら厄介ですよね。だから駆除活動をしているんです!

今回は連携企業さんのビオトープでウシガエルの駆除をしました。

罠(ウシガエルの好物を入れた網のようなもの)を仕掛けたり、池に直接入って網ですくったりしてオタマジャクシの状態のウシガエルを駆除しました。

二人一組で網を持って池の端まで追い込んですくい上げるという単純なものなんですが、

これが意外と操作が難しく(筆者はウシガエル駆除は初だったのでかなり苦労しました…)

池の中も動きにくく、大変苦労しましたが、

メンバーの中にはモテモテの子もいて(人にでなくて、ウシガエルのオタマジャクシにですけどね)

作業は順調に進みました。

最後は作業にも慣れ、楽しくなってきてメンバー一同夢中で駆除していました!

罠にもたくさんかかっており600匹以上駆除することができました!

しっかりと供養もしました…

人間に外国から知らない土地に人間の都合で持って来られて、増え過ぎたら迷惑だって駆除されてしまうんですから、可哀想ですよね…

しかし、これからも駆除します!

毎年駆除活動を行っており、数もだんだん減ってきました!

(600匹でも数は減ったんだそう…)

毎年活動を行うことで成果は徐々に出ているそうでメンバーも大喜びです!

これからもこの活動を続けて何年後かには今回活動したビオトープからウシガエルがいなくなることを祈っています!

(最後は七夕の日の更新なので七夕感出してみました。皆さんの願いもかないますように!)

 

大同大学2年 中村陸

異国からの侵略者オオキンゲイギク

わが名を答えよ!!!

ookinnkeigiku_1[1]

分かる者はいないだろ

教えてやる!我の名はを♰オオキンケイギク♰

日本の固有種を仇なす外国の植物である

説明しよう

オオキンゲイキクとは北アメリカからやってきたキク科の植物である。キバナコスモスに似ているが葉の形が異なり5月から7月にかけて花を咲かし繁殖力が半端ない。日本生態学会により「日本の侵略外来種ワースト100」に選ばれた最高にイカレタCRAZYな野郎だ!!!

p1210136[1] キバナコスモス

説明おしまい

今回は愛知県知多市にある東邦ガスを攻めに行くZE★

そうはさせないぞっ

何者だ!?

私たちは外来種の侵略を阻止する学生さ☆これからお前を倒す 13427857_1231802950163682_400931762135488665_n[2]

やれるものならやってみろ!!

行くぞ!!!

なに!?

我の弱点をしってるだとっ

そう、お前は繁殖力は強いが地中の根ごと刈ると2度と生えてはこない。そして、集団で生えてくるから1本見つけたら一気に刈れる

やばい!どんどん仲間が倒されていく!!

これで最後だ!!13413574_1231802983497012_7886309960398089837_n[1]

ぐわーーーーーーーーしかし、これで終わりではないぞ別の場所に私の仲間はたくさんいる。ここでも生き残った仲間が来年に攻めていく。油断するなよ。はっはっはっはっはー

終わった。しかし、これで終わりではない。これからも戦い続け必ず駆逐してやる!みんなも応援よろしく!!!

13342920_1231803003497010_4258893183362163189_n[1]

作成者;命をつなぐプロジェクト学生実行委員会 武馬弘季、玉代勢孝、広瀬陽介

 

 

みなさん、こんにちは! かけちゃんです! 今回は身近な植物について少し紹介します!! 今日の主役はこの子たち! 綺麗に咲いていて良く見かけますよね、 実はこのタイプのお花、二種類あるんです(≧∀≦) 一つはハルジオン。 […]

続きを見る

8月1日に、加藤建設さんが開催されたイベントのお手伝いに行ってきました! 「蟹江川水辺スポット」にて、その土地に住む生き物に触れてもらうことを中心としたイベントで、こどもたちは蟹江川に生息しているテナガエビやモクズガニに […]

続きを見る

毎年8月、愛知県豊橋市の学生たちが中心となって、 50km以上に及ぶ表浜海岸を一週間歩き通してゴミ拾い活動をする団体がある。 “表浜BLUE WALK”だ。 モットーは、明るく、楽しみながら。 ごみ拾いという活動は真面目 […]

続きを見る

7月6日(土)と7月7日(日)に東海市にある大窪公園で、ボーイスカウトさんの活動のお手伝いをしました! 7月7日は七夕なので、行事食である”そうめん”をメインに活動をしました。   7月6日 1日目は流しそうめ […]

続きを見る

今回は、カルガモの生態について紹介します!! (子)お父さん!あそこにいる鳥の名前何かわかる? (父)カワセミかな。 (子)違うよ、カルガモだよ。 (父)え!?   (子)お父さんカルガモはね、くちばしが黒くて先端が黄色 […]

続きを見る

今年の夏は涼しいなぁ 毎日雨、雨、雨。昨年と比べ涼しい夏。   今年は7月というのに全国的に低温が続いております。 1993年には冷夏による影響でお米は凶作となり、タイ米を緊急輸入する事態になりました。 あれか […]

続きを見る

『海を汚すのは母親を汚すのと一緒』 どうも海育ちの事務局飯塚です。 6月大阪にて開催されていたG20サミット。   我が国日本はホスト国として参加し、6/28-29に開催されましたネ。 G20では国際的に重要な […]

続きを見る

今回は6月2日(日)に愛知製鋼さんのボランティアとして大滝村で間伐に参加させて頂いたので、その活動報告を記事にしていこうと思います。 朝6時30分に集合場所である聚楽園駅で集合でした。 天気は曇りで、気温は少し肌寒く、天 […]

続きを見る

おはようございます!こんにちは!こんばんは!今回は、みんながよく知っているタヌキについて紹介したいと思います。   全長70~80㎝で体重は3~6㎏でピークは秋に迎えます。日本でメジャーな動物で連携企業さんの緑地でもしば […]

続きを見る

 日本の国鳥はご存知ですか?  実はキジなんですよ。  1947年に日本鳥学会によって日本の国鳥に選ばれました。日本の固有種です。美しい見た目で、昔話の桃太郎で多くの人に親しみがあるという理由です。そんなキジですが、日本 […]

続きを見る

  皆さんこんにちは!   今回は、5月12日にトヨタの森で行われた「カエルと育む生きる力」というイベントに、 ボランティアとして参加させて頂いたので、その活動報告を記事にしていこうと思います!(&# […]

続きを見る

平成31年4月21日(日)に新メンバーに「命をつなぐPROJECTの活動を体験して欲しい」という願いから、新入生緑地見学会を行いました。 今年は、東邦ガスさんと大同特殊鋼さん、愛知製鋼さんにご協力をいただき、30人もの新 […]

続きを見る