グリーンベルト図鑑:番外編「ヒアリ」

みなさん、こんにちは!今年は雪が降ることも多かったり、冬季オリンピックが開催されたりと話題が尽きませんが、半年前のまだまだ暑かった夏に世間をにぎわせていたアイツのことをみなさんは覚えていますか?日本各地の港の貨物コンテナから発見された赤茶色で体長2~6mmのアリ、英語では「Fire Ant」と呼ばれるあのヒアリです。

今回はヒアリについて少しおさらいしてみましょう。

 

そもそもヒアリの原産国は南アメリカですが、中国からの積み荷に紛れていたことからもわかるように、中国や台湾、オーストラリアやマレーシアなど環太平洋諸国に分布が広がっています。

生息が確認された各国で、ヒアリに刺されたという被害報告が多く上がっています。刺されると毒による非常に激しい痛みを覚え、水疱上に腫れ上がります。北米だけでも年間で1500件近い被害が出ている上に、その毒によってアナフィラキシーショックを引き起こすこともあるので注意が必要です。

日本と同じように貨物に紛れて、集団で不正入国に不正滞在を繰り返し、何人も病院送りにしているとは相当悪いヤツですね…

そんな極悪アリであるヒアリの駆除には殺虫剤(スプレーよりも液剤が効果的)や、熱湯をかけるのが有効とされています。

万が一刺されてしまったら、20~30分程度安静にして体調に変化がないか注意します。もしも症状が悪化するようなら、救急受け入れがあるような病院にすぐに行き、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝えてすぐに治療してもらいましょう。症状が悪化しなくても念のため病院を受診することをおすすめします。

すっかり姿を見せなくなったヒアリですが、越冬している可能性や、来年もまた忍び込むことも考えられるので、注意することに越したことはないですね

 

中部大学1年 筧紗南

グリーンスマイルフェスタ2017! part1

みなさんこんにちは(^^)

今回のweb記事は12月10日に行われた「グリーンスマイルフェスタ」について、2部構成でご紹介しようと思います!

グリーンスマイルフェスタとは、主に知多市や東海市に住んでいる地元の方に生物多様性を楽しく学んでもらおう!というコンセプトのイベントです(*’▽’)

part1の今回は会場で行ったブースの紹介をしたいと思います(・ω・)ノ

 

今年のブースは、ネイチャークラフト、神経衰弱、的あて、折り紙・お絵かき・塗り絵、竹ご飯の5つでした!

ネイチャークラフトブースでは、クリスマスリース作り、松ぼっくりツリー作り、ビオトープジオラマ作りの3種類の中からお客様に選んで作ってもらいました❄

学生が拾ってきた葉っぱや枝、ドングリを使ったり、スパンコールやリボンなどの装飾を使ったりして素敵な作品に仕上がっていました!

クラフトのお手伝いをしながら、子供たちと楽しくおしゃべりをしました(^^♪

 

神経衰弱のブースはグリーンベルトにいる在来種をカードにして、遊びながら身近にいる在来種を知ってもらえるように工夫しました☺

子どもと学生が対戦したり何度も遊びに来てくれて、カードにした生き物の説明が書かれた景品をたくさん持っているお子さんもいました☆

ブースの目的がしっかり果たせたように感じたので、よかったなと思います!

 

的あてのブースは、私たちの身近にいる外来種を的にしてボールを当ててもらうことで、外来種の危険性や外来種駆除を学んでもらおうというものです(‘ω’)

子どもの年齢によって投げる位置を変えたので、小さい子から小学生までたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました!

的が倒れた数を掲示していたので、最高記録を更新しようと男の子たちが必死になって外来種の的を倒していたのが印象的でした( `ー´)ノ

 

折り紙・お絵かき・塗り絵ブースでは、今年も折り紙アクションさんとコラボさせていただき、折り紙を通して生物多様性を知ってもらいました(*^^*)

お絵かきコーナーではコンテストを開催して、「好きな動物を描こう!」をテーマにたくさんの子どもたちが絵を描いてくれましたよ(^^♪

塗り絵では、連携企業さんの緑地に設置する予定である巣箱の塗装を考えてもらいました!

折り紙は、ブースが終わるころには机が生き物でいっぱいになるほどたくさん折ってもらうことが出来たので、今年も折り紙アクションさんとコラボさせていただけて良かったなと思います( ^^)

お絵かきで描いてもらった「好きな動物を描こう!」の絵は、フリーペーパーのエコレコあいちに掲載されるかもしれないので、楽しみにしていてください(*’ω’*)

巣箱の絵は実際に描いて緑地に設置するので、どの絵が選ばれるのかお楽しみに!

 

竹ご飯のブースでは、会場とは別の場所で竹の中でご飯を炊いて、それをお客様に食べてもらいました(‘ω’)

詳しくはグリーンスマイルフェスタpart2でご紹介するのでお楽しみに!

 

休憩スペースでも小さな遊びを運営してました☆

生態系ピラミッドを実際につくってみたり、

積み木で身長を超えるほどの高さまで積んだりなど、ブースの合間にゆっくりしてもらいました☺

 

2~3か月かけて準備してきたグリスマを、当日来てくださったお客様が楽しかった!といってくれたので、みんなで協力してきて良かったなと感じました(#^^#)

次回は竹ご飯についてお伝えします!

 

 

大同大学2年 小池まい

サマーフェスタ元浜!

こんにちは!

今回のweb記事は8月 27日に行われたサマーフェスタ元浜について書こうと思います(^^)/

 

サマーフェスタ元浜は大同特殊鋼さんが主催している夏祭りのイベントで、昼間は遊ぶことができるブースと出店が並んでいて、夜は出店だけになって盆踊りを楽しむことができます☺

私たち命をつなぐプロジェクトは、昼間に外来種の竹を使ったリモコン立てを飾ってもらうブースを出させていただきました(‘ω’)ノ

外来種の竹「モウソウチク」についてはグリーンベルト図鑑vol1をご覧ください(#^^#)

 

では私たちが出したブースを紹介します!

リモコン立てに使ったモウソウチクは私たちが伐採して、切って、削って、やすって…と加工をしました。

加工後はこんな感じです↓↓

長さも断面もそれぞれ違うので、世界に一つしかないリモコン立てになってます☺

 

これを来てくれた方に選んでもらって、好きなように飾ってもらいました☆

スパンコールやビーズ、マスキングテープなどを使って、好みのデザインに仕上げてもらいましたよ(^^♪

家族やお友達同士など終始楽しそうにつくってもらえたので、約90個持って行ったリモコン立てがすべて無くなりました!

 

リモコン立てブースも盛り上がっていましたが、私たち命をつなぐプロジェクトの学生がいたブースはほかにもあるんです…!

それは、ホタテのバター醤油焼き(*’▽’)

北海道から直送したホタテの貝柱をホタテの貝殻の上で焼くという、聞いただけでよだれが出てきそうなものを作るお手伝いもしていました(=゚ω゚)ノ

こちらは長い行列ができるほど人気で、昼も夜もすぐに売り切れでした!

 

今年のサマーフェスタ元浜はイベント初参加の新メンバーも多くいたので、来てくれた方と仲良くなるのはもちろん、メンバー同士の仲も深まった良い機会だったと思います(^^)

 

サマーフェスタ元浜の報告は以上です(‘ω’)

夏のイベントはまだまだあるので、その報告を楽しみにしていてください!

 

 

大同大学2年 小池まい

 

3月23日 ウシガエルオタマジャクシ駆除

今回は、普段僕たちが行っている緑地活動について紹介したいと思います!

緑地活動では主に外来種の駆除や生物モニタリング調査、緑地の整備、定点カメラの交換をしています。

その中でもメンバー一同、悪戦苦闘しながら行っているウシガエルの駆除を紹介します!

ウシガエルについては「EcoReco earth」で連載しています『グリーンベルト図鑑vol.3』のウシガエルを読んでみてください!

(ウシガエル以外にもたくさんの生き物を紹介しているので是非検索してみてくださいね!)

さて、ウシガエル駆除に話を戻します。

なぜ、ウシガエルを駆除しないといけないかというと、めちゃめちゃ繁殖力が強く、なんと4万個の卵を産むとも言われているんです!

一匹が4万個も卵を産むんだから池の中がウシガエルばっかりになってしまいそうですよね。

もともとその池に住んでいた生き物の住処まで奪っていそうです…

さらにこいつがよく食べるんだそうで…

口に入るものだったらザリガニはもちろんのこと小さな鳥までも食べるんだそう。

そんな奴がたくさんいたら厄介ですよね。だから駆除活動をしているんです!

今回は連携企業さんのビオトープでウシガエルの駆除をしました。

罠(ウシガエルの好物を入れた網のようなもの)を仕掛けたり、池に直接入って網ですくったりしてオタマジャクシの状態のウシガエルを駆除しました。

二人一組で網を持って池の端まで追い込んですくい上げるという単純なものなんですが、

これが意外と操作が難しく(筆者はウシガエル駆除は初だったのでかなり苦労しました…)

池の中も動きにくく、大変苦労しましたが、

メンバーの中にはモテモテの子もいて(人にでなくて、ウシガエルのオタマジャクシにですけどね)

作業は順調に進みました。

最後は作業にも慣れ、楽しくなってきてメンバー一同夢中で駆除していました!

罠にもたくさんかかっており600匹以上駆除することができました!

しっかりと供養もしました…

人間に外国から知らない土地に人間の都合で持って来られて、増え過ぎたら迷惑だって駆除されてしまうんですから、可哀想ですよね…

しかし、これからも駆除します!

毎年駆除活動を行っており、数もだんだん減ってきました!

(600匹でも数は減ったんだそう…)

毎年活動を行うことで成果は徐々に出ているそうでメンバーも大喜びです!

これからもこの活動を続けて何年後かには今回活動したビオトープからウシガエルがいなくなることを祈っています!

(最後は七夕の日の更新なので七夕感出してみました。皆さんの願いもかないますように!)

 

大同大学2年 中村陸

2月23日パン試食会!

みなさん、こんにちは(^^)/

今回のweb記事は2月23日に行われた竹パン試食会について書きたいと思います!

竹パン、、、、、聞いたことありませんか??

 

そうです!昨年の12月に行われたGREEN SMILE FESTAで、来てくれた方に食べて頂いたアレです!

 

ピンとこない方のために簡単に説明すると、モウソウチクという外来種の竹を棒に加工して、そこにパン生地を巻き付けて焼いたものが竹パンです(・∀・)

でもなぜ「試食会」なのか…

それは、命をつなぐプロジェクトの連携企業の方に食べて頂くため!

その時の様子を紹介します!

まずは火おこしから↓↓

焼く本数が多いのでコンロもたくさん(‘ω’)

火おこししている間に、やすりをかけた竹に1次発酵させたパン生地を巻き付けて、2次発酵中↓↓

竹の加工も私たちがしたので形が様々です(/・ω・)/

2次発酵が終わったら、次々と焼いていきました↓↓

1人が多くの竹パンを焼いたので焦げないようにするのが大変でした(・_・;)

竹パンが焼きあがったら、室内に移動↓↓

3種類のソースから好きなものを選んでもらい、粉砂糖を振って食べてもらいました!

みなさん「おいしい!」と言いながら食べてくれたのでとても嬉しかったです(#^^#)

 

GREEN SMILE FESTAに来てくれた方だけではなく、いつもお世話になっている連携企業の方々に竹パンを食べて頂けたので、私たちの活動をより知っていただけたかなと思います!

 

竹パン試食会については以上です!

次の投稿をお楽しみに!!

 

大同大学2年 小池まい

グリーンベルト図鑑Vol1モウソウチク

グリーンベルト図鑑vol1「モウソウチク」

mousoutikuIMG_1540

分類:マダケ科

分布:北は青森の南部と岩手の北部一帯から本州、四国、九州まで日本各地の低地帯に生息している。現在、栽培林が減少しているのにも関わらず拡大林や手入れされていない林地が各地に急増している。

特徴:江戸時代に中国から導入されたと言われている。日本国内では最大の竹で稈(中空になっている茎)の先端部が湾曲して垂れ下がるように見える。稈の節部は1輪で鋭く突出していて、その下側には白いワックス状の物質が付着しているが、年を取るともに汚れが減少していく。枝は稈の中央部よりやや下あたりから2本出す。年が経つにつれて分枝して側枝を増やし各先端部に数枚の小形で被針形をした葉を付ける。1本の竹についている葉の枚数は2万~3万に達している。このため、モウソウチクの過密林内では日光の透過が妨げられており陽樹の低木類が光合成不足による障害を受けて枯死することもある。稈幹は厚く表面には黒褐色の斑点があり剛毛がある。乾燥すれば割れやすく利用価値がある。

%e3%83%a2%e3%82%a6%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%83%81%e3%82%af%e3%80%80%e7%a8%88%e3%83%a2%e3%82%a6%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%83%81%e3%82%af

↑稈                 ↑白いワックス状の粉

%e3%83%a2%e3%82%a6%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%83%81%e3%82%af%e8%91%89←モウソウチクの葉

利用:たけのこはは大きく、しかも柔らかくてうまみがあるためにカロリー値は低い繊維食物として生鮮食品のみならず、塩漬けや水煮としても重宝されている。モウソウチクは材質部分が竹類の中では厚いために木材の代替材料として利用されているが、稈の中央部に空洞があることと、直径は太いものの利用方法が次第では使い勝手が悪い。しかし、最近では集成材として加工することにより建材として床板材などにも利用されている。また、軽量で割れやすすく曲げやすいものの竹の中では材質が粗雑であるために、緻密な細加工には利用されにくい。最近では竹炭、竹酢液、竹紛利用など様々な用途が開発されている。

%e3%81%9f%e3%81%91%e3%81%ae%e3%81%93%e7%ab%b9%e7%82%ad

↑たけのこ           ↑竹炭

参考;タケ・ササ総図鑑 創森社 2014年11月出版

ここから先は私たちの想像で擬人化したものです。もしよかったら見ていって下さい。

・・・はっ!いかんいかん妄想しとったわ

ところでお主は誰じゃ?

儂か?儂は妄想好きのモウソウチクじゃ。はっはっはっ、語呂がいいじゃろ。

最近の若いもんは儂の事を全くわかっとらん!儂はこう見えても外国生まれなのじゃ。意外じゃろ

丁度いい今から暇つぶしに儂の事を教えてやろう

なにから話そうかのう・・・ZZZ

いかんいかん寝ておった。さて始めようかのう

儂は江戸時代に中国から日本に来たのじゃ。そして、徳川の時代に日本を占領したのじゃ

はっはっはっ、すごいじゃろ

ちなみにあの頃の江戸のおなごは・・・(妄想中)はっいかんいかん

さてどこまで話したかのう・・・

何!?儂の事をある程度知っとるじゃと!?いつ知ったのじゃ?

ついさっきじゃと!?なら儂に何を聞きに来たのじゃ

暇だから話に来た!?この儂の所にか!?

はっはっはっ面白い奴じゃ

よし!気に入った!

これから儂とお主は妄想仲間じゃ

これからどんどん儂と妄想していこうな~

何!?いやだじゃと!?

儂の申し出を断るというのか!?

肯定じゃと!?

ふっ・・・はっはっはっ

本当に面白い奴じゃ

まぁいい

気が向いたら儂の所に来て話相手になってくれ

歓迎するからのう

じゃあまたのう✋

行ってしまたのう・・・

仕方ない。妄想するか(妄想中)

 

拝読ありがとうございましたm(__)mこれからもよろしくお願いします

記事作成者:命をつなぐPROJECT学生実行委員 武馬弘季、宮崎敬大、加藤旭

バス釣りブーム終焉に見える残された負の遺産

こんにちは、T28です。ペンネームを勝手に作ってみました!

名の「てつや」を文字ってT28にしました、単純です、はい笑

 

今回はカチカチのタイトルですが何が負の遺産なのかわかりますか?

ブラックバス、そうブラックバスです、つまり、外来種の繁殖なんです。

 

ad9ddc50a467ebd3cabecf264136db15_s

 

今でこそブラックバス釣りと聞いても「へ〜」くらいにしか思わないと思いますが

僕が10代の頃(ちょうど2000年代前半)は爆発的なブラックバスブームが到来していました。

何故そんなに釣り師たちはブラックバスに夢中になっていたのでしょうか、、、

 

・引きが凄い良くグイグイグイグイ竿にかかるテンションはとても面白い

・繁殖理力が凄く全然いない場所に少し放流するだけであっという間に釣り環境に変わってしまう

・バス釣りは基本ルアーとワームという疑似餌を使うのですが、種類が豊富でコレクター気質の人にはすぐハマってしまう

・バスを釣るという事がメインなのでサイズを競いやすく、40cm以上はランカーと呼ばれある種、勲章みたいな感じなのです、大物狙いたくなります

 

これらが主な理由でしょうか、正直凄い面白いんですよね。アメリカではゲームフィッシングとして超人気のゲームです。

僕も10代で何もしらず、ただただ釣りに夢中になっていました、毎日の様に自転車に乗って釣りに出かけていたのが懐かしいです。

それが、ただただ楽しい遊びだったら良かったのですが。。。。

 

 

terauchi16

 

じゃあ、なぜ外来種を釣る遊びが爆発的に流行ったのでしょう、いるはずのない魚が日本中に存在しています。

それはこぞって悪い大人達が所構わずブラックバスの稚魚を放流し、バスだけじゃ足りないとより悪いブルーギルまで放流してるんです。

これによって様々な事が起こりました、従来日本の河川で平和に暮らしていた生態系のバランスが一気に崩れ、在来種の魚達は獰猛なブラックバスとブルーギルに食い散らかされ住処をどんどん奪われていきました。

異常繁殖の所為で水抜きをせざる負えなくなったダムや野池、商業用の個人の家なども多く見てきましたが、水抜きをしたらOKという事ではなく同時に在来種も全て絶命しますよね、これは費用もかかる上に生態系にも良くない事です。

大阪府の狭山池では、ブラックバスが異常繁殖し、池に放流されていたワカサギ数千万尾が全滅したという記録もあります。

 

そしてブームのピークを経て、2005年6月より施行された外来生物法により、オオクチバスおよびコクチバスの輸入、飼養、運搬、移殖を、原則として禁止されました。

国が認める害魚となった訳です。

 

命を繋ぐプロジェクトでは在来種を守る活動もしているので外来種から在来種を守る方法を紹介します。

今回に関してはバス、ブルーギルから守る方法ですね。個人で出来る方法を書きます。

 

・バス釣りの代名詞でもあるキャッチ&リリースのリリースを止める。捨てる場所はきちんとしましょう。

琵琶湖などのバス釣りの名所では“おさかなポスト”と呼ばれるBOXもあるみたいなので事前に調べておきましょう。

・キャッチ&イートに切り替える。昔はバスなんて臭くて食えないと良く言われていましたが、

インターネットの発達によって情報交換がしやすくなった所為かネット状にもバス料理なんてのがたくさん上がっています。

塩焼きに天ぷら、唐揚げに煮付け、まぁ白身魚なのでなんでもいけるって事ですね笑

おそらくしっかり泥抜きないとですが是非トライしてみてください。ネット上に多く調理の仕方は紹介されています。

・そして密放流を止める、止める。そもそも繁殖力が非常に強いのでこれ以上増やさないでください。

そんな事しなくても増えるし絶滅なんてしないので。。。

 

 

1137684359-fisherman-797982-25P-1280x853-MM-100

 

と、ブームから10年経ち釣り人が減っているのにこんな記事を書いてみました。

でも本当は釣りの時のアドバイスという事じゃなく、10年前の釣りブームがあった事で

日本全国の河川や池、湖で大昔からあった日本特有の生態系が壊されたという事です。

釣り人のエゴでいない所に無理やり繁殖させ、被害を被った人がたくさんいたりして、あまりいい事ではないですよね。

そして、何十年経ってもそれが残り続けるという事です。結局外来種が根付いてしまうと完全に排除する事は不可能なんです。

そういう事はすぐに忘れ去られますが、たまに思い出して自然を大事にして欲しいものです。

人は自然を支配しようとしてますが、元々は自然に生かされ共存してきました、それを後世に残しましょう。

 

補足:ブラックバス問題に関しては全面から反対の声を上げ、真っ向勝負している方々が多くいます。

そちらの意見を全否定するつもりはありませんが政府が指定した様に外来生物法にてブラックバスは害魚と認められているので、個人的な立場からの意見を記しました。

9月15日(土)に環境デーなごや2018に参加しました。   環境デーは、名古屋市の栄で行われる環境について考えてもらうためのイベントです。 学生団体や企業さんなど、様々な方がブースを出展しています。 また、環 […]

続きを見る

皆さん、こんにちは(*’ω’*) 私たちは8月22日(日)に開催された“サマーフェスタ元浜”というとても楽しいイベントに参加させていただきました!   当日は班ごとに分かれて、様々な経験をさせていただきました。 […]

続きを見る

時間が過ぎるのはあっという間で、もう3日目です…!   起床してから各々片付けをし、お世話になった宮島キャンプ場から、岐阜県中津川市の観光地「馬籠」に向かって出発! 快晴の中、途中道の駅で購入した朝ごはんを食べ […]

続きを見る

楽しい合宿も2日目に突入! 1日目で夜更かしした影響でまだ寝足りませんでしたが、朝ごはんを求めてダイニングに行くと…、 なんとB先輩が自前の道具を使って温かいお茶を沸かしていました笑:( ;´꒳`;): そんなお茶を頂い […]

続きを見る

皆さんおはようございます!こんにちは!こんばんは!(^^♪ 記録的な暑さだった今年の夏も落ち着いて、ようやく秋の涼しさが頭を出してきましたね〜! 皆さんは良い夏の思い出はできましたか?(’∽’) 私たちは8月19日〜21 […]

続きを見る

ごきげんよう!諸君!私は川のことなら何でも知ってる川野博士じゃ!かわじいとよんでくれ! え?なんで今日は忍者の格好をしているかって?それはこれから話す生き物について関係しているのじゃ。みんな、どの生き物か予想するのじゃ! […]

続きを見る

こんにちは!今回は皆さんの身近に生息しているシジミチョウについて紹介したいと思います! シジミチョウとは小型のチョウで、翅(ハネ)がシジミ貝の形に類似していることが名前の由来です。実は世界にチョウは1万7千種類以上いると […]

続きを見る

みなさん、こんにちは! 最近は毎日暑くて、ただ生きるのも大変ですよね。私も寒かった冬のときには「早く夏が来てほしい~」とぼやいていましたが、いざ夏が訪れると今度は「早く冬になってほしい~」と毎日思ってしまいます笑 水分と […]

続きを見る

皆さん、こんにちはー!今回は鳥の仲間のケリを紹介しようと思います。 ところで皆さんはケリがどのような鳥か知っていますか?「どんな鳥なんだろー?」「どこにいるだろー?」いろいろな疑問思うかもしれません。そこで今回はケリを紹 […]

続きを見る

コオロギについて みなさんこんにちは!命Pのたてちゃんです! きょうは秋の合唱団といえばやっぱりこいつ! 「コオロギ」について紹介していきたいと思います! コオロギはバッタ目 コオロギ科の昆虫です 色は黒っぽい茶色でテカ […]

続きを見る

ごきげんよう、諸君!私は川のことなら何でも知ってる川野博士じゃ。みんなからは、かわじいとよばれているんじゃぞ。これから川の生き物についてたくさん教えていくからよろしくたのむぞ~ さて、かわじいの川の生き物講座第一回目は、 […]

続きを見る

皆さんはカラスと聞いてどんなイメージを持ちますか? 頭を使って木の実を食べる賢いやつ、ゴミをあさっちゃう悪いやつ、人によってバラバラだとは思いますが、日常生活の中でよく見るカラスには2種類いるのは知っていますか? 都市部 […]

続きを見る